八戸の歩き方トップ八戸の歩き方ブログトップ
バス編高速バス編鉄道編フェリー編交通アクセス編十和田湖編
ホテル・旅館DBレンタカー八戸編レンタカー青森編ホームページ制作


2019年9月30日

2019年のおでかけ交通博は八戸市で開催されます

毎年、東北各地で開催されている「おでかけ交通博」ですが、2019年は10月に青森県八戸市で開催されます。

路線バスや鉄道、タクシーなどの公共交通である「おでかけの足」のことを考えるための場です。

おでかけ交通博に関するお知らせ(イベント詳細のpdfファイルあり)

ちなみに、昨年2018年は秋田市にて開催でした。(第5回おでかけ交通博2018inあきた)
シンポジウム・セミナー開催状況

・2019年10月18日(金)
 午前:ウエルカムスピーチ、トークセッションwith東北仕事人
 午後:ポスターセッション
・2019年10月19日(土)
 エクスカーション
 (八戸市営魚菜小売市場や種差海岸、八食センターなど八戸市内を周るコース)

・会場
 八戸グランドホテル(八戸市中心街)

・最寄りバス停
 八戸中心街ターミナル2番八日町バス停(青森県八戸市)|バス停検索
 (八戸駅前から中心街方面行のバスがこのバス停を経由します)

なお、参加は事前申し込み制となっており、申込み期限は「2019年10月9日(水)まで」とのことです。

投稿者 umineko : 23:51 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク

2019年6月19日

【2019年夏】函館、青森〜東京の新幹線に50%引きで乗るチャンス

新函館北斗、新青森から東京までの東北新幹線が約50%割引になる「えきねっと」限定の「お先にトクだ値スペシャル」が2019年夏も発売されます!

◯設定期間
2019年7月16日(火)~7月31日(水)、2019年9月17日(火)~9月30日(月)乗車分

これは、「えきねっと」限定で発売される割引きっぷです。
八戸〜東京間では、運賃と指定席特急券を合わせると、合計「16,290円」(通常期 2019/7/20乗車の場合)になるところ、このキャンペーンで設定される「お先にトクだ値スペシャル」(新青森〜東京間)では「8,570〜8,770円」(乗車日により異なる)と半額近くになるのです!
(お先にトクだ値スペシャルの上野、大宮発着では110〜370円安くなります)

ちなみに、新青森〜東京間では通常期「17,350円」(2019/7/20乗車の場合)です。

新函館北斗〜東京間の「お先にトクだ値スペシャル」は、「11,240〜11,440円」です。

いつも設定されている「お先にトクだ値」(25%割引)では、通常期なら八戸〜東京間で「12,210円」、新青森〜東京間で「13,010円」となるため、新函館北斗〜東京間の「お先にトクだ値スペシャル」でもお得になるのです。


(トップページ中ほどの「えきねっと限定の割引きっぷ トクだ値」や新着情報より詳細へ入れます)


主な利用条件としては、

  • 乗車日20日前の午前1時40分までの購入が必要(発売開始は1ヶ月前から)
    ただし、午後11時40分から翌朝メンテナンスで購入できない日がよくあるため、21日前の午後11時39分までに購入が無難です。
  • 適用される列車や席数が限定されること
  • 八戸を含む設定区間は「新青森〜東京間」か「新函館北斗〜東京間」となる
    (例:「新青森〜東京」を購入して「八戸〜東京」だけの利用も可能)

などです。

割引が設定される列車は、下記の対象列車です。
ただ、早朝深夜の列車が多く、ちょっと使いにくい時間帯かもしれません。

□対象列車
東京・上野・大宮〜新青森間
◯下り
はやぶさ3号(東京07:36発→八戸10:32発→新青森11:00着)
はやぶさ9号(東京09:08発→八戸12:02発→新青森12:29着)
はやぶさ17号(東京10:44発→八戸13:34発→新青森13:58着)
はやぶさ39号(東京20:16発→八戸23:08発→新青森23:36着)

●上り
はやぶさ8号(新青森06:49発→八戸07:17発→東京10:32着)
はやぶさ22号(新青森13:15発→八戸13:39発→東京16:32着)
はやぶさ36号(新青森17:44発→八戸18:12発→東京21:04着)
はやぶさ40号(新青森18:38発→八戸19:06発→東京22:04着)

東京・上野・大宮〜新函館北斗間
◯下り
はやぶさ1号(東京6:32発→八戸9:22発→新函館北斗10:53着)
はやぶさ7号(東京8:40発→八戸11:27発→新函館北斗12:52着)
はやぶさ25号(東京14:20発→八戸17:05発→新函館北斗18:28着)
はやぶさ37号(東京19:20発→八戸22:06発→新函館北斗23:29着)
 ※はやぶさ37号は7月28日(日)までの毎週日曜日運休

●上り
はやぶさ12号(新函館北斗7:38発→八戸9:05発→東京12:04着)
はやぶさ34号(新函館北斗16:20発→八戸通過→東京20:32着)
はやぶさ38号(新函館北斗17:25発→八戸通過→東京21:23着)
はやぶさ42号(新函館北斗18:40発→八戸20:12発→東京23:04着)

なお、以前にえきねっとで1ヶ月前の発売開始前に「お先にトクだ値スペシャル」を「事前受付」で申し込んでいても、複数回チャレンジして購入出来ないことも多かったです...
割引率も大変高いだけに、結構、競争率は高いと思われます。
乗車日1ヶ月前の指定席券の発売開始直後に購入できないと、その後に購入は難しいです。


えきねっと(JR東日本)|えきねっとトクだ値>お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)

投稿者 umineko : 21:25 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク

2019年3月23日

都道府県タクシー協会の公式ウェブサイトに問い合わせフォーム等があるかを調べてみました

全国47都道府県単位にあるタクシー協会の公式ウェブサイトに問い合わせフォームやメールアドレス記載があるかを調べてみました。

◯調査対象
・「全国ハイヤー・タクシー連合会」ウェブサイトに掲載されている都道府県協会を対象にしています。
※この他にも都道府県全体を対象とした協会があるかもしれません

全国ハイヤー・タクシー連合会 都道府県協会一覧

◯調査方法
・全国ハイヤー・タクシー連合会 都道府県協会一覧に記載の公式サイトへ飛ぶ
・トップページにて「お問い合わせ」等のリンクを探し、もしあれば、問い合わせフォームやメールアドレス記載を探す
・協会の概要等の紹介ページで、問い合わせフォームやメールアドレス記載を探す
・サイトマップページがあれば、「お問い合わせ」等のリンクを探し、問い合わせフォームやメールアドレス記載を探す
・以上の方法で見つからなければ、存在しないものと判断する
 (こういうのはパッと見つけられないと、実質使え無いも同然ですから...)


◎ウェブ上から問い合わせ可能な都道府県
その結果、問い合わせフォームやメールアドレス記載いずれかがあったのは、下記の都道府県です。
問い合わせフォームの場合、SSL対応かどうかも確認しました。
(計13県)
−−−−−−
秋田県
 問い合わせフォームあり(非SSL)
宮城県
 問い合わせフォームあり(SSL対応)

栃木県
 問い合わせフォームあり(非SSL)
群馬県
 問い合わせフォームあり(SSL対応、外部サービスを使用)
山梨県
 問い合わせフォームあり(SSL対応、外部サービスを使用)

長野県
 ページ下部へメールアドレス画像の記載あり

福井県
 問い合わせフォームあり(非SSL)
三重県
 (メールアドレスの記載あり)

広島県
 問い合わせフォームあり(SSL対応、外部サービスを使用)

高知県(高知県ハイヤー協会)
(これとは別の高知市ハイヤー協同組合がウェブサイト無し)
 問い合わせフォームあり(非SSL)

熊本県
 トップページ下部へ問い合わせフォームあり(SSL対応)、メールアドレスの記載もあり

大分県
 問い合わせフォームあり(非SSL)
宮崎県
 問い合わせフォームあり(SSL対応)
−−−−−−


△ウェブ上から問い合わせができない都道府県
それ以外の、28都道府県のタクシー協会公式サイトには、問い合わせフォームも無く、メールアドレス記載も無いことが判明しました。
ここまで多いとは予想外の結果です...
なお、電話やFAXでの問い合わせは可能です。

下記がその都道府県になります。
(計27都道府県)
−−−−−−
北海道

青森県
岩手県
福島県

茨城県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県

新潟県
富山県
石川県

岐阜県
静岡県
愛知県(愛知県と名古屋の二協会あり)

滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県

島根県
岡山県
山口県

香川県

佐賀県
長崎県
鹿児島県

沖縄県
−−−−−−


×公式ウェブサイトが存在しない都道府県
ここまでで40都道府県を挙げました。
それ以外はどうなのかと言うと、まさかのそもそも公式サイト自体が存在しない県なのです...
これらは、都道府県協会一覧にリンクは無く、協会名でちょっと検索しても見つかりませんでした。
(計7県)
−−−−−−
山形県

奈良県
和歌山県

鳥取県

徳島県
愛媛県

福岡県
−−−−−−

全国調べてみてわかったのは、問い合わせフォームも、メールアドレス記載も無い都道府県協会がこんなに多いとが予想外でした。
また、意外なのは、東京都や神奈川県、大阪府などの大都市を抱える協会ですら、問い合わせフォームも無いのはビックリです。

なお、管理人の確認不足で、実際は問い合わせフォームがあるのに調べ漏れがある可能性も十分ありえます。
もしお気づきの際には教えてもらえれば幸いです。

投稿者 umineko : 00:44 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク

2019年1月 8日

2019年2月12日から3月3日まで八戸、新青森〜東京間の新幹線へ格安で乗るチャンス!

八戸、新青森から東京までの東北新幹線が約47%割引になる「えきねっと」限定の「お先にトクだ値スペシャル」が2019年も発売されます!

◯設定期間
2019年2月12日(火)〜2019年3月3日(日)ご乗車分

これは、「えきねっと」限定で発売されるものです。
八戸〜東京間では、運賃と指定席特急券を合わせると、合計「16,090円」(2019/2/12乗車の場合)になるところ、このキャンペーンで設定される「お先にトクだ値スペシャル」では「8,570〜8,670円」(乗車日により異なる)と半額近くになるのです!
(上野、大宮発着では数百円程度異なります)

ちなみに、新青森〜東京間では通常「17,150円」(2019/2/12乗車の場合)です。
いつも設定されている「お先にトクだ値」(25%割引)では、通常期なら八戸〜東京間で「12,210円」、新青森〜東京間で「13,010円」となります。


(トップページ中ほどの「えきねっと限定の割引きっぷ トクだ値」や新着情報より詳細へ入れます)


主な利用条件としては、

  • 乗車日20日前の午前1時40分までの購入が必要(発売開始は1ヶ月前から) ただし、午後11時40分から翌朝メンテナンスで購入できない日がよくあるため、21日前の午後11時39分までに購入が無難です。
  • 適用される列車や席数が限定されること
  • 八戸を含む東北新幹線の設定区間は「新青森〜東京間」となる
    (「新青森〜東京」を購入して「八戸〜東京」だけの利用も可能)

などです。

割引が設定される列車は、下記の対象列車です。
ただ、下りの午後東京発と、上りの午前中新青森発の列車は、ちょっと使いにくい時間帯だと思います...

□対象列車
◯下り
はやぶさ3号(東京07:36発→八戸10:32発→新青森11:00着)
はやぶさ9号(東京09:08発→八戸12:02発→新青森12:29着)
はやぶさ19号(東京11:20発→八戸14:14発→新青森14:43着)
はやぶさ39号(東京20:16発→八戸23:08発→新青森23:36着)

●上り
はやぶさ4号(新青森06:17発→八戸06:41発→東京09:23着)
はやぶさ8号(新青森06:49発→八戸07:17発→東京10:32着)
はやぶさ20号(新青森12:39発→八戸13:07発→東京16:04着)
はやぶさ36号(新青森17:44発→八戸18:12発→東京21:04着)
はやぶさ40号(新青森18:38発→八戸19:06発→東京22:04着)


なお、以前にえきねっとで1ヶ月前の発売開始前に「お先にトクだ値スペシャル」を「事前受付」で申し込んでいても、複数回チャレンジして購入出来ないことも多かったです...
割引率も大変高いだけに、結構、競争率は高いと思われます。
乗車日1ヶ月前の指定席券の発売開始直後に購入できないと、その後に購入は難しいです。


えきねっと(JR東日本)|えきねっとトクだ値>お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)


ちなみに、今回「お先にトクだ値スペシャル」は「東京〜盛岡間」や「東京〜新函館北斗間」でも別途設定されるため、そちらの活用を検討するのもいいと思います。

例えば、「盛岡〜東京間」で買えば、別途「新青森、八戸〜盛岡間」を購入すると「新青森、八戸〜東京間」を通して乗車できます。
ただし、指定席では無い特定特急券を利用する場合等だと、盛岡で一旦席を移動する必要があるかもしれません。

「新函館北斗〜東京間」で買えば、途中駅の八戸や新青森で乗下車することで、「新青森、八戸〜東京間」のみでも利用可能と思われます。

それでも、いつも設定されている「お先にトクだ値」で、「新青森、八戸〜東京間」を買うよりも安く済ますこともできそうです。

投稿者 umineko : 20:53 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク

2019年1月 4日

2018年12月新設の網地島ライン・石巻中央乗り場に行ってみました

今年も八戸の歩き方ブログをよろしくお願いします。
久々のブログ記事になります。

石巻市街地と田代島や網地島を結ぶ網地島ラインに、従来の門脇乗り場に加えて、JR石巻駅からも便利な「石巻中央」乗り場が2018年12月1日から新設されました。
ちょっと石巻方面へ行ったついでに見てきました。

網地島ラインの公式サイトによると、「石巻中央発着所」とは下記住所へ新設された乗り場です。

住所:宮城県石巻市中央一丁目14番5号
   リバーサイドMOTOMACHI 2階

石巻駅からは、徒歩で十数分程度と歩きでも行き来しやすいです。
ちなみに、対岸には石ノ森萬画館が目の前に見える位置です。

この乗り場までの交通アクセスをまとめてみます。
最寄りバス停は「中央一丁目バス停」であり、ミヤコーバス「山下門脇線(旧石巻市内線)」(一日4本)にて降りてすぐですが、本数がとても少ない路線のため、実際には使いづらいです...

中央一丁目バス停(宮城県石巻市)|バス停検索

次に近いのが「いしのまき元気いちばバス停」であり、石巻駅前バス停からここまでは、平日9〜17時台まで1時間に1〜2本程度運行あり、いしのまき元気いちばバス停から石巻駅前までも平日9〜16時台まで1時間に1〜2本程度運行あります。
(※土日祝日は数本程度減ります)

いしのまき元気いちばバス停(宮城県石巻市)|バス停検索

アクセス 石巻発着所 of ajishimaline.com(網地島ラインの公式サイト)


もし、仙台からの高速バス利用ならば、石巻駅前バス停よりも、仙台発石巻行きは「千石町バス停」が、石巻発仙台行きなら「中央三丁目バス停」利用が便利です。

千石町バス停(宮城県石巻市)|バス停検索

中央三丁目バス停(宮城県石巻市)|バス停検索

・※バスの運行本数等は2018年12月現在の情報。


いしのまき元気いちば前から「石巻中央発着所」までの行き方を写真を交えて説明します。
(2018年12月1日と2日に調査した内容です)

ishinomaki_chuo_01.jpg
(1)「いしのまき元気いちば」から石巻中央発着所方向を見る(中央奥のマンション内にあり)

ishinomaki_chuo_02.jpg
(2)「リバーサイドMOTOMACHI」前(この建物内に発着場があり)を左に曲がります

ishinomaki_chuo_03.jpg
(3)「リバーサイドMOTOMACHI」手前を左折すると、突き当り右手に階段があります

ishinomaki_chuo_04.jpg
(4)正面の堤防向こう側は川が流れています、正面の大きい階段は工事中で使用できません

ishinomaki_chuo_05.jpg
(5)写真3の突き当り右手に階段があり、そこを上るとすぐ乗り場あります

ishinomaki_chuo_06.jpg
(6)写真5の壁には、乗り場への案内表示あります(ただし、小さい表示でした)

ishinomaki_chuo_07.jpg
(7)この階段を上り切ると、右手に網地島ライン事務所と待合室あり
 なお、階段にはイス式の階段昇降機が付いています


網地島ライン事務所と待合室の様子を紹介します。
(建物内部の写真は許可を得て撮影)

ishinomaki_chuo_20.jpg
(8)正面の明かりが付いているところが、網地島ラインの事務所と待合室

ishinomaki_chuo_21.jpg
(9)乗船券は券売機で購入できます

ishinomaki_chuo_22.jpg
(10)待合室内も新しくてきれいです!


待合室から乗り場までは、外へ出て正面の階段を降りると、船着き場です。

ishinomaki_chuo_10.jpg
(11)写真8を撮った付近から後ろ側を見ると、船着き場への階段です(船はマーメイドII)

ishinomaki_chuo_11.jpg
(12)新型船の「マーメイドII」が停泊中です

公共交通で行くには便利な石巻中央乗り場ですが、マイカー利用だと専用駐車場が無いようで、もしマイカーならば専用駐車場もある従来の門脇乗り場が便利なようです。

なお、石巻中央乗り場をマイカー利用なら、いしのまき元気いちば近くにある有料の「石巻市営かわまち立体駐車場」利用が良いかもしれません。

投稿者 umineko : 22:11 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク

2018年2月13日

仙台や八戸〜新函館北斗の新幹線が半額な「お先にトクだ値スペシャル」発売中!

仙台や八戸等から新函館北斗までの区間が約50%割引になる「えきねっと」限定の「お先にトクだ値スペシャル」が発売中です。


えきねっと(JR東日本)|えきねっとトクだ値>お先にトクだ値スペシャル(乗車券つき)

詳しくは下記のとおりです。

もし、購入を検討しているなら、発売日となる乗車日の1ヶ月より前にえきねっとで事前予約申込みする事をオススメします。
この制度は、予約確約ではありませんけど、発売開始日の朝10時に操作せずとも、自動的に予約申し込みを行なってくれるもので、手間がかからず便利な機能です。

・お先にトクだ値スペシャルの設定期間
2018年2月17日(土)〜2018年3月16日(金)乗車分

・価格
仙台〜新函館北斗間が運賃と指定席特急券を合わせて「8,640円」(通常期の場合。閑散期は100円安い)と、普通運賃と指定席特急券を合わせた「17,310円」(通常期)と格安です。
同様に八戸〜新函館北斗間なら、割引適用で「5,250円」、普段は運賃と指定席特急券の合計「10,510円」(通常期)となります。

・発売期間
乗車日1ヶ月前の午前10時00分から乗車日20日前の午前1時40分まで
例えば、2月13日22時現在で購入可能なのは、3月6日から13日までの乗車分を発売中となり、3月5日までの乗車分は既に発売終了。

・主な注意点
割引が設定される列車や座席数は限定されます

・割引の設定される列車
【下り】全て新函館北斗行き

はやて91号
 新青森始発→新函館北斗
はやて93号
 盛岡始発→八戸→新函館北斗

はやぶさ95号
 仙台6:40始発→八戸8:35発→新函館北斗
はやぶさ5号
 仙台9:52発→(八戸通過)→新函館北斗
はやぶさ11号
 仙台11:08発→(八戸通過)→新函館北斗
はやぶさ13号
 仙台11:54発→八戸13:05発→新函館北斗

はやぶさ23号
 仙台15:54発→八戸17:05発→新函館北斗18:32着
はやぶさ33号
 仙台20:55発→八戸22:06発→新函館北斗23:33着

【上り】
はやぶさ16号
 新函館北斗9:31発→八戸11:07発→仙台着(東京行)

はやぶさ30号
 新函館北斗16:17発→(八戸通過)→仙台着(東京行)
はやぶさ34号
 新函館北斗17:21発→(八戸通過)→仙台着(東京行)
はやぶさ38号
 新函館北斗18:36発→八戸20:12発→仙台着(東京行)
はやぶさ96号
 新函館北斗19:37発→八戸21:08発→仙台終着(仙台行)
はやて98号
 新函館北斗20:39発→八戸22:15発→盛岡終着(盛岡行)
はやて100号
 新函館北斗発→新青森終着(新青森行)

こうしてみると、設定されている列車は少なめで、時間帯による偏りも大きいようです。
仙台発基準とする場合、下り新函館北斗行きは午前発が多めで、反対に午後発は2本しか設定ありません。
上り新函館北斗発は午前が1本だけ、午後発となっています。


◎空席状況の傾向
週末を含む数日間の空席状況を調べました。
【曜日】
土日は1ヶ月前の発売日で多くの列車が満席となり、前後の金曜と月曜でも空席少ない列車が多くありました。

【時間帯】
下りでは、朝一番の「はやぶさ95号」と午後最初の列車となる「はやぶさ23号」で他の列車に比べて、満席や空席少ない日が多くありました。
上りだと、午前唯一の列車となる「はやぶさ16号」と午後最初の「はやぶさ30号」で満席の日が多くありました。

全般的には、仙台〜新函館北斗を直通する列車の人気が高いようで、盛岡や新青森が起終点となる列車は(早朝新函館北斗行と深夜新函館北斗発)、余裕のある日が多い傾向です。

なお、「お先にトクだ値スペシャル」では満席でも、いつも発売されている「お先にトクだ値」なら、空席がある列車も多数見受けられました。
例えば、仙台〜新函館北斗なら30%割引で、盛岡・八戸〜新函館北斗なら35%割引、新青森〜新函館北斗なら40%割引と普段から結構大きい割引になります。

「お先にトクだ値」なら、毎日運行している列車はほぼ割引対象となるメリットもあります。
もし、「お先にトクだ値スペシャル」で一杯でも、「お先にトクだ値」と組み合わせるのも賢い使い方だと思います。

(一部、えきねっと公式サイトから引用しています)

投稿者 umineko : 23:31 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク

2017年11月10日

2017年12月1日から20日まで八戸〜東京間の新幹線が格安で乗れます!

2017年12月1日から20日まで八戸〜大宮・上野・東京間の東北新幹線が格安で乗れます!

これは、「えきねっと」限定で、東北新幹線(盛岡~八戸間)が、2017年12月1日に開業15周年を迎えるためのキャンペーンが実施されるためです。
八戸〜東京間では、通常期で運賃と指定席特急券を合わせると、合計「16,290円」になるところ、このキャンペーンで設定される「お先にトクだ値スペシャル」では「8,140円」と約半額になるのです!


(画面中ほどにある「トクだ値」から詳細ページへ入ることができます)

主な利用条件としては、


  • 乗車日の1ヶ月前から21日前までの予約が必要

  • 適用される列車や席数が限定されること

  • 東北新幹線の設定期間は「八戸〜東京間」のみとなる

    (「八戸〜東京」を購入して「盛岡〜東京」での利用も可能)


などです。

ただし、えきねっとで1ヶ月前の発売開始前に「事前受付」を申し込んでいても、2回チャレンジしてどちらも「お先にトクだ値スペシャル」では購入出来ませんでした...
結構、競争率は高いと思われます。

ちなみに、申込んだのは平日夜の上りと日曜夕方の下りでした。
(後者は保険的で同時に申し込んだ「お先にトクだ値」の方は取れていました)

かなり格安ではあるものの、「お先にトクだ値スペシャル」枠は買うのが難しいそうではあるため、ダメ元でチャレンジしてみてはいかがですか?

【新幹線YEAR2017キャンペーン】東北新幹線「はやぶさ」に、50%割引の「お先にトクだ値スペシャル」を設定!|えきねっとマガジン

(※利用条件に関して若干追記 2017/11/11 1:48)

投稿者 umineko : 21:39 | コメント (0) | トラックバック (0) このエントリーを含むはてなブックマーク


バス編高速バス編鉄道編フェリー編交通アクセス編十和田湖編
ホテル・旅館DBレンタカー八戸編レンタカー青森編ホームページ制作