八戸の歩き方トップ八戸の歩き方ブログトップ>データ通信,Wifi
バス編高速バス編鉄道編フェリー編交通アクセス編十和田湖編
ホテル・旅館DBレンタカー八戸編レンタカー青森編ホームページ制作


2017年1月 7日

海外旅行には現地ですぐネットに繋がる海外Wifiルーターレンタルがおすすめ!

海外旅行や出張で困るのがインターネット環境や携帯電話です。
短期間だと現地で携帯電話を契約するのは、言葉の壁もありハードルが高いものです。
そんな時に便利なのが、海外用モバイルWifiルーターのレンタルサービスです。

管理人自身も何度か利用していますが、レンタル料金もリーズナブルで、飛行機で現地へ到着したら、モバイルWifiルーターの電源を入れるだけで日本国内と同じように簡単にインターネット接続が出来るのはとても安心です!

※モバイルWiFiルーターとは、モバイル通信機能(3Gや4Gを利用した通信)を搭載したWiFiのアクセスポイントになる機器です。
お使いの機器からはWiFiのアクセスポイントとして見えます。

これにお持ちのノートパソコンやスマートフォン、タブレット等をWifi経由で接続することで、日本国内と同じようにデータ通信が可能になります。
(「テザリング」を行っている状態のスマートフォンと同じ感じ)

管理人も使っている「グローバルWiFi」がオススメです!


グローバルWiFi

ポイント
事前に予約することをおすすめします!
飛行機へ乗る当日に空港の貸出カウンターへ行って借りる形になります。
出発前に自宅等へ発送してもらうこともできます。

実は予約をしなくても、直接空港の貸出カウンターへ行って借りることもできます。
た だし、在庫には限りがあるため、当日では借りられない可能性が出てきます...
※世界には様々な通信方式や使用周波数帯があるため、ルーター本体の在庫はあっても希望の国や地域で使えるとは限りません。


メリット
設定不要だから、現地へ着いてWifiルーターの電源を入れるだけで通信可能となる
現地でSIMを契約する場合、契約までは通信出来ない不安を解消できる
日本の携帯電話会社の「海外パケット定額サービス」よりも一日当たり安くできる (渡航する国数や期間にもよる)
WiFiルーターなら、同時に複数のスマホやタブレット、PC等を接続できるため、一緒に友人や家族と共用できるため、レンタル費用を割り勘するとお得です
日本で契約している携帯電話会社の海外定額パケット通信プランよりも安い場合が多いこと
(海外定額パケット通信プランは条件や仕組みが少々複雑で、高額請求の危険性もあります...)
出発、帰国する空港で受取、返却が可能(深夜便でも対応可能な場合も多い)で、事前に希望の場所へ配送受取も可能です。
使用方法はとっても簡単!
パスワードが必要な無線LANアクセスポイントへ接続する設定を行ったことがあれば大丈夫なレベルです。
もちろん、わかりやすい取扱説明書も付いてきます。
海外で無料WiFiスポットを使い、情報を盗まれる事例も出ていますが、それらを使わないことで安心感を得られます
現地語がわからなくても簡単に使える


デメリット
事前に受け取り手続きが必要になる
 (空港のカウンター以外に宅配受取も可能)
予約していない場合には先着順となるため、確実に借りるには、事前予約が必要で
旅行出発後に滞在期間が変わっても、ルーターのレンタル期間は短くできないのが基本(サポートセンターへ連絡することで延長は可能な場合あり)
一旦借りると、レンタル中は使用するかに関わらず毎日料金がかかる
ルーター本体は借りている物のため、紛失や破損等の問題がある場合には弁償が必要となる場合あり
(→解決方法 もしものために端末補償サービスがあり)
レンタル開始日が近づいてからキャンセルすると、キャンセル料が必要となります。
当初のレンタル期間を越えると延長料金もかかります。
(予定よりも早く返却しても払い戻しは通常ありません)
ルーターの駆動時間は限られているため、使い方によってはモバイルバッテリーを持参する事をおすすめします。
(→解決方法 モバイルバッテリーはレンタルも可)
動画視聴や通話など通信量が多い使い方をすると、速度制限がかけられる場合があります。
(→解決方法 大容量通信プランも選べます)


モバイルWifiルーターをレンタルしない場合の通信手段
ルーターをレンタルしなくとも海外の現地で通信する方法も一応あります。

◯現地の電話会社でデータ通信可能なプリペイドSIMを購入する
ぶっちゃけ、出来るだけ安く海外でデータ通信したければ、現地の電話会社でデータ通信可能なSIMを購入するのが一番安くなるようです。
それをお持ちのWiFiルーターへ差し替えて使うのです。

ただし、使う端末へAPN設定などの設定が必要となります。

もし、入国する空港内に電話会社窓口があれば楽に入手できそうです。
ただし、現地語の言葉(英語でも良いかも?)がわからないと、契約などの手続きが難しくなるため、そういったやり取りする自信がある上級者向けの方法となります。
例えば、日本国内の携帯電話ショップ(ドコモ、au、ソフトバンク、Y!モバイル等)店頭で日本語がわからない人が契約するのは簡単か?と想像するとハードルの高さがわかるかもしれません。

また、SIMを購入する場合の要注意点としては、使う予定の通信機器が滞在する現地で使われている通信方式や使用周波数帯と一致する必要があります。
(現地で多く使われている周波数帯に対応している機器でないと、たとえ通信は出来ても通信可能エリアが狭くて困るという事も...)


◯日本で契約している携帯電話会社の「海外パケット通信定額」を契約する
ドコモの「海外パケ・ホーダイ」と比較してみます。
(「海外1dayパケ」もありますが、24時間に「30MB」を越えると極端に通信速度が遅くなる事と、「海外パケ・ホーダイ」とは併用出来ないため除外しています)

「海外パケット定額サービス」よりも一日当たり安くできる場合が多くあります。


比較すると海外用モバイルWifiルーターが、使用が簡単な割にレンタル料金も安めな事がわかります。


投稿者 umineko : 19:09 | コメント (0) | トラックバック

2015年7月10日

格安通信SIMをBIC SIM(IIJmio)へ乗換えて使ってみた感想

2014年10月に bモバイルの格安SIMから他社へ乗換をしようかと書きました。

その後、結局ビックカメラの「BIC SIM(IIJmio)」へ乗換えました!
「ミニマムスタートプラン」のSMS機能無しのナノSIMです。
(標準SIMが品切れのため、在庫のある「ナノSIM+別途購入の標準SIMに変換してくれるアダプタ」で使用)

ビックカメラ BIC SIM(ビックシム)
icon

八戸の歩き方ブログ: bモバイルの格安SIMから他社へ乗換を検討中です(前回の記事)

およそ8ヶ月間使ってみた感想を書きます。
格安SIMの使用や乗換を検討している方の参考になれば幸いです。

まず、

1.高速通信可能な容量が残りある間は、通信速度制限がされない事

という点は、全く問題ありませんでした!

特にスマホ用アプリの「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」を入れる事で、一日毎の通信料を確認が出来て、残りの高速通信容量も確認出来るため、とてもわかりやす事も大きなメリットです。

bモバイルだと高速通信容量の残りのみ(1〜2時間では反映されず、いつ現在かは不明)しか確認出来ず使用量がわかりにくい上に、一日の通信料が多いと速度制限されてしまうのが困るポイントでした...


続いて、

2.通信速度
速度は1Mbpsを越える事は多くなく、従来のbモバイルとあまり変わらない印象です。
ただし、LTE非対応のWifiルータにて使っている事もあり、それほど高速化は重視していません。

通信可能エリアもbモバイルと同様にdocomo網を使用している事もあり、問題ありません。


3.高速通信可能な容量
元々1ヶ月間で2GBを越えて使う事はあまり無かったですが、加入後に1ヶ月あたりの通信容量が「3GB」へと増量された事もあり、思う存分使うことが出来てとても満足しています。
(むしろ、使い切れずに勿体無いほどですけど...)

また、IIJmioではbモバイルには無かった「次月への容量繰越サービス」もあり、容量が毎月溜まっては失効してしまう状態です。
(2ヶ月前の残容量が失効する)


4.Wi2の公衆無線LANサービスが無料で使える点
このWi2は期待していたのですが、思ったよりも便利じゃありませんでした...

それは、使いたい場所では「Wi2premium」等の有料オプションエリアが多い事と、無料で使える「Wi2」等のエリア内でも何度か試しましたが、接続はできるものの、機器との相性が良くないのか、通信速度が異様に遅いか(100kbps出るかどうか)、全く通信できなかったのです...
この点はうちだけの問題かもしれませんし、原因はよくわかりません。


結果としては、高速通信容量があれば通信速度を制限される事も無くなり、思う存分使うことが出来て満足しています。
正直なところ、新たな料金プランが出来ても、bモバイルへ再度乗換えることは無いかなと思っています。

ビックカメラ BIC SIM(ビックシム)
icon

投稿者 umineko : 20:31 | コメント (0) | トラックバック

2013年3月16日

海外でデータ通信を出来るだけ簡単に安く使う方法を調べてみました(海外Wifiレンタル)

必要に迫られて、海外でデータ通信を出来るだけ簡単に安く使う方法を調べてみました。

手っ取り早いのは、日本で使用している携帯電話を国際ローミング設定して現地でも使う方法ですが、通話料もデータ通信によるパケット料金も相当高くなります。
キャリアや滞在国によっては、定額データ通信出来るプランもあるようですが、それでも一日約2,000〜3,000円のようですし...

サービス紹介 | 国際サービス | au
海外パケットし放題:iPhone 5|ソフトバンクモバイル

そこで、色々と探してみたところ、モバイルルーターをレンタルしている業者が安めな事がわかりました。
(「海外Wifiレンタル」とも呼ばれるサービス)
これらのサービスを利用すると、一日あたり数百円から千円程度でデータ通信が定額で利用出来るようです。

難点としては、レンタルのため受取と返却する手間がかかる事、もしWifiモバイルルータ等のレンタル機器を破損、盗難等の場合には、保険を加入してその補償を使うか、所定の代金を支払うリスクがある事です。

しかし、受取と返却に関しては、成田空港や羽田空港内に各社のカウンターがあり、そこで受取、返却が可能です。
また、一日数百円の加算料金を支払う事で、もしもの時にも負担ゼロになるなどリスク軽減も可能です。

あとは、Skype等の通話アプリを利用可能かが気になるところですが、そのあたりに関する記述は見当たりませんでした。
しかし、現地でも最低限、電子メールが使えれば何とかなるかな?という気もしています。

・候補1「テレコムスクエア」


・候補2「グローバルデータ」
グローバルデータ




・候補3「グローバルWifi」
グローバルWiFi


比較検討していくと、空港での受取と返却手数料が無料で、近場の国なら一日あたり700円となる「テレコムスクエア」が優位になってきました。

安さだけでいえば、現地でデータ通信用のプリペイドSIMを購入するという手もあるものの、ハードルが高い気がします...
そういうのは、海外旅行に慣れた上級者向けでしょうね。

(2016/10/31 リンクや文章を少々編集)

投稿者 umineko : 20:06 | コメント (3) | トラックバック

2011年7月12日

イオン限定のb-mobile SIMの取扱店が増えてイオン下田店も登場してます!

イオン限定のb-mobile SIMの取扱店が増えて、青森県ではイオン下田店とイオンつがる柏店も登場してます!

イオン限定サービス | b-mobileSIM

個人的には、「HYBRID W-ZERO3 WS027SH」にこのSIMを差して使おうかと思っていましたが、契約が近くで出来るようになると、より使いやすくなります!
やはり、2年縛りなどが無く、いつでも解約できる自由さが魅力です。

参考までに、イオン限定のb-mobile SIMは下記の3コースがあります。

1.「b-mobileSIM プラン・A」は通信速度「100kbps」、「月額980円」
2.「b-mobileSIM プラン・B」は通信速度「400kbps」、「月額2,980円」
3.「b-mobileSIM プラン・C」は通信速度「Mbpsクラス」、「月額4,980円」

「b-mobileSIM プラン・A」が手頃で魅力的ですが、通信速度「300kbps」で「1ヶ月あたり約2,400円」の「日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS」も気になるSIMです。


ウィルコムの商品代金込みで「月額980円」のデータ通信プランも気になるものです。


投稿者 umineko : 13:33 | コメント (3) | トラックバック

2011年5月 8日

ADSLか光回線を導入する時にオススメなプロバイダは?

実は今年自宅のブロードバンドをADSLから光回線へと乗換えました。

その時には、各社の特典を比較検討した結果、「@nifty」の「@nifty光ライフwithフレッツ」を契約しました。

【@nifty】光・ADSLお得なキャンペーン実施中!申し込むなら今!!

決め手は、ノートPCやPS3、生活家電などが安く購入できる特典でした!
ちなみに、「PS3」を「4980円」(送料+代引手数料が945円別途必要)でゲット出来たのです。
見事に物に釣られました(笑)


個人的には、これから八戸周辺でブロードバンドを導入するのなら、安定して高速な光回線がオススメなのですが、ホームタイプで月額7千円程度はかかります。

通信速度は遅くても良いから月額の利用料金を安くという場合には、ADSLがオススメです。
NTTの加入電話を利用している場合には、ADSLが維持費も結構安く済みます。
八戸市内では、フレッツADSLかYahoo!BBのADSLサービスなら大体の地域にて利用可能です。

ただし、特に加入電話を利用していない場合には、「月額5千円〜7千円程度」と意外と高くつきます。

しかし、それでも、地域によっては、スピードを抑えて月額料金を低額にした「12Mコース」で「約3,400円」というコースもあるようです。
「50Mコース」でも月額「約4,400円」程度です。
OCNの「OCN ADSL セット」がそれです。

・OCN ADSL

参考までに、新規加入であれば、
「料金確認・お申し込み」→「電話加入権なしでもOK【タイプ2】」内の「12Mスマート 新規お申し込み」→「本サイト限定のキャンペーンを適用して新規お申し込み」へと進む事で申込みが可能です。

なお、「八戸市新井田地区」の電話番号等では申し込み不可で、「八戸市沼館地区」では申込可能でした。
中心部に近いエリアであれば、利用可能なADSLのようでした。

投稿者 umineko : 23:19 | コメント (4) | トラックバック