八戸の歩き方トップ八戸の歩き方ブログトップ>エントリー
バス編高速バス編鉄道編フェリー編交通アクセス編十和田湖編
ホテル・旅館DBレンタカー八戸編レンタカー青森編ホームページ制作


« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月29日

ウィラートラベルではマルエーフェリーの本州〜沖縄航路も取り扱い開始

ウィラートラベルではマルエーフェリーの本州〜沖縄航路も取り扱い開始しています。

フェリー・船予約 | WILLER TRAVEL
プレスリリース|高速バス/深夜・夜行バス予約|WILLER EXPRESS

今のところは、船のみ取り扱っていますが、ホテル付きパックや夜行バスとのセットなどもあればお得に沖縄本島まで船で行くことが可能になるかと思います。

東京や大阪など本州から沖縄まで船で行くというのは、時間に余裕があるなら結構楽しいものでオススメですが、二等運賃で「東京=那覇間」が約2万5千円、「大阪=那覇間」で約2万円とあまり安くはありません。

例えば、所要時間が圧倒的に短い飛行機利用でも、スカイマークの「羽田=那覇間」や「神戸=那覇間」の数日前まで予約できる割引の「WEB割5」や「WEB割3」利用でも1月中旬で船より5千円以上安くなるため、ここはウィラートラベルとして思い切った割引などに期待しています!

スカイマーク [プレスリリース]

投稿者 umineko : 22:07 | コメント (3) | トラックバック

2011年11月24日

JR東日本のイベント「青森車両センター祭り」が開催されます

2011年11月26日(土)にJR東日本のイベント「青森車両センター祭り」が開催されます。

お知らせ | JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社

実は、まだ青森車両センターのイベントへ行った事が無いため、今年こそは行ってみようかと考え中でした。
主に車両の展示が多いようです。

■開 催 日 2011年(H23)11月26日(土)
■開催時間 11:00〜15:00
■会場 青森車両センター(青森県青森市大字石江字三好86−3)(googlemap)
会場までの交通アクセスは、
--
・青森駅から青森車両センターまで国鉄カラーの「485系」(6両編成)を片道だけ運転します。
・新青森駅(東口)からアクセスバス(無料)を運転します(約10分)※10:30〜順次運転
--
と書かれています。

青森駅から青森車両センターまでの専用列車は、整理券が早々に無くなりそうですが、もしチャンスあれば乗ってみたいものです。
新青森駅からのアクセスバスというのが、どういうバスで運行するのか気になるところです。
まあ、系列であるJRバス東北の車両が無難な気はしますけど。

その他、会場には「西郵便局前バス停」が比較的近いようです。
バス停検索| 西郵便局前バス停留所の情報(青森県青森市)

ただし、青森駅前を経由せず古川バス停から乗車する必要がある事、一日に数本程度と便利では無いようです。

青森市営バス 時刻表検索ページ

さらに離れた「石江三好バス停」だと、1時間〜80分毎で運行する循環バス「ねぶたん号」も利用可能です。

バス停検索| 石江三好バス停留所の情報(青森県青森市)
ねぶたん号|青森市観光情報サイト「あおもり案内名人」

会場の「青森車両センター」は新青森駅からのアクセスバス以外では行くのが不便な場所ですが、予定が決まっていない方は検討してみてはどうですか?

投稿者 umineko : 22:51 | コメント (7) | トラックバック

2011年11月23日

八戸市営バスのバス停探しが便利になり、ホテルや駅名からも探せます

八戸市営バスのバス停時刻表探しが便利になり、なんとホテルや駅名からも最寄りバス停を探せます。
以前から、「バス停名称で探す(50音順)」と「バス停位置図から探す」の二種類でバス停名を探す事が出来ました。

それが、2011年10月のダイヤ改正時より「ランドマークから探す(50音順)」と「ランドマークから探す(ジャンル別)」の2つの手段が追加されています。

時刻表検索のページ(2011年10月ダイヤ改正)

例えば、「ランドマークから探す(50音順)」では、「あ行」を選択すると、「アレック情報ビジネス学院」の最寄りが「二十三日町バス停」である事がわかります。

時刻表検索のページ…頭文字「あ」

「ランドマークから探す(ジャンル別)」だと、「ランドマーク「宿泊施設」」から「ダイワロイネットホテル八戸」は「八戸中心街ターミナル」が最寄りバス停だとわかります。
※最寄りは八戸中心街ターミナル八日町ですが、バスの方面によって三日町、六日町等とバス停が異なるため、あえて「八戸中心街ターミナル」としていると思われます。

ランドマーク「宿泊施設」

また、意外とありそうで無いのが鉄道駅の最寄りバス停です。
そこもしっかりとカバーされていて、「ランドマーク「駅」」を選択する事で、「小中野駅」の最寄りは「大町一丁目バス停」だとわかります。

ランドマーク「駅」

公共施設の最寄りバス停を探せるページがあるバス会社はありますが、宿泊施設や鉄道各駅の最寄りバス停留所まで収録しているバス事業者公式サイトというのは珍しいかなと思います。

投稿者 umineko : 13:32 | コメント (4) | トラックバック

2011年11月10日

うちのMacBookProへSSDを導入してみたら想像以上に凄すぎました!

うちのMacBookPro13インチ(2009モデル)へSSDを導入してみたら想像以上に凄すぎました!

パソコンの内蔵HDDを高速なSSDへ入れ替えると動作が速くなるとは噂に聞いていました。
でも、まだSSDはHDDと比べれば高価な事もあり、なかなか踏み出せずにいたのです。

しかし、今年夏頃にSSDで動きが快適なMacBookAirをともて欲しくなり買うかどうか考えたものの、主に予算的な面で保留にしていました。
でも、2.5インチのSSD単品が思ったよりも安くなっており、Airのように最初からSSDでは無くとも結構速くなるらしいと聞き購入してしまったのです!

予算は2万円以内を考え探しました。
また、主なメーカーでも何社かありますが、「Crucial M4シリーズ」がレビューやネット上での評判もよく(というか、問題があったというのを見かけない)、これにする事とします。

Crucial M4シリーズ CFD販売株式会社

そして、このシリーズ中でも1万5千円前後で128GBというバランスの良い↓下記に決定しました。
HDD・SSD・ドライブ(内蔵) RealSSD C400 CT128M4SSD2 (SSD/128GB/SATA/2.5インチ)|PCパーツのソフマップ[sofmap]
icon

m4 SSD CT128M4SSD2 正規代理店品(3年保証) 《送料無料》 - PCパーツ::ドライブ::SSD::SSD - BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】- 自分仕様の自作PCを作ろう-

ハードディスクなどPCパーツを買う時には、いつもツクモかソフマップが有力候補になります。
価格比較サイトで最安値では無くともそこそこ安い事、会員登録済みでポイントが貯まる事と今まで困った事態は起きていないためです。

どちらも24時間以内に配送可能で送料無料とあり迷いましたが、ポイントが貯まっていた事と数百円の安さでソフマップで買いました。
ちなみに、14時頃に注文したのに当日中に発送され、翌日に到着した事はうれしいポイントです♪


翌日、お昼を過ぎた頃に到着したので、そのままセットアップを開始しました。

今回、MacOSX10.6を最初から入れる事とします。
実はiBookの頃から各種データを自動的に引き継いで来ているため、過去の遺産が影響を及ぼしている可能性もあるため、ここで一度すっきりしようという目論見です。
(全データが容量的に入らないという事情もありました)

そのため、OSのインストールとアップデート、各種アプリケーションのインストールとアップデート、必要なデータのコピーと行ったため、夜までかかってやっと普通に使える状態まで完了した位なんです。

ただ、そのセットアップ中にも何度か再起動が必要で行う際には、驚異的な速さでした!
まあソフトも全て入っていないし、ウイルス対策ソフトも起動していないので、その分で速いのかも?という点もありました。

しかし、ひと通りのソフトを入れて改めて一から触ってみると、何をするのもあきらかに高速になっているのです!
特にOutlook2011やParallelsのWindows7など今までは起動にとても時間がかかっていたソフトで顕著に速くなっています。
(前は忘れた頃に起動する感じが、今では待っていてもすぐ起動する感じ)


これだけ速く快適にMacBookProを使えるようになったため、SSDは買って損は無いものと確信しました。
ただ、大きな難点があり、容量が128GBと元々使用しているHDDと比べると相当容量が少ない事です。
この点は徐々に値下がりする事で解決していくのだと思います。

ちなみに、下記↓容量が2倍の256GBモデルでは、値段も2倍近く3万円程度になります。
本当は256GBが欲しいものの、2万円以内まで下がるまで様子見しようかと思います。
HDD・SSD・ドライブ(内蔵) RealSSD C400 CT256M4SSD2 (SSD/256GB/SATA/2.5インチ)|PCパーツのソフマップ[sofmap]
icon

とりあえず、最近SSDへ変えようと思っている方なら、ハードディスクよりも値は張りますが、チャレンジしてみる価値はあると思いますよ〜

投稿者 umineko : 23:07 | コメント (4) | トラックバック

2011年11月 8日

バス停検索のレイアウトを一部変えてみました

バス停検索のレイアウトを一部変えてみました。
載っているバス停関連の情報は基本的に変わらないため、見た目を変えたプチリニューアルな感じです。

バス停検索トップページ

今回変更した大きな点としては、画面左側へナビゲーションメニューを追加して、ここに近くのバス停情報などを表示させるようにした事です。
徐々に情報量が増えるにつれて、だいぶ縦長なサイト構成となってきているため、最初に表示される一画面目に重要な情報を持ってくるようにしています。

細かいところでは、トップページの一画面目に表示される左側へ「ご意見・お問い合わせ」を追加した事です。
皆さまからのご意見を送りやすくという事から変えてみました。

Mac版各ブラウザ以外にもWindows版IEの3種類でも表示を確認済みですが、もし明らかに動作に問題あるなどありましたら、お知らせ頂けますと助かります。

ご意見・お問い合わせ

投稿者 umineko : 00:48 | コメント (0) | トラックバック

2011年11月 7日

むつ市、横浜町と七戸十和田駅・青森空港を結ぶシャトル便が12月より運行開始だそうです

むつ市、横浜町と七戸十和田駅・青森空港を結ぶシャトル便が12月より運行開始だそうです。

尻屋観光タクシー
 (「しりかん通信 №27号 平成23年 10月28日発行」内へ関連情報有り)

これは、11月末まで「むつ市=七戸十和田駅間」を結ぶ路線バスが廃止となり、それを受け継ぐ形で、尻や観光タクシーが乗り合いタクシーとして運行するものです。

デーリー東北:北奥羽ニュース:「七戸十和田—むつ」路線バス11月末終了(2011/10/24 21:54)
七戸十和田〜むつのシャトルバス廃止へ - 八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

従来の路線バスと比較すると、大きな違いがいくつかあります。
○一日2往復から11往復の運行と大幅に増発
○乗降可能場所なら、自宅近く等の指定の場所から乗車可能
○一日4往復が七戸十和田駅を経由して青森空港まで直行
×むつ市発着で1人2,000円から3,700円へと値上げ

この中で、増発される事と値上げされる事が大きなポイントかなと思います。

元々下北地域と青森県内の他地域との移動は鉄道や路線バスの本数も少ないため、今回本数が増える事で、例えば、「八戸=(新幹線)=七戸十和田駅=(シャトル便)=むつ市内」のような青森県内での移動にも便利に使えそうです。

また、青森空港へも乗り入れる事で、既存の交通機関では無かった新たなルートを開拓する事にもなりそうです。
ついでに、野辺地町や七戸町から青森空港まで行きたい需要にも対応できると良さそうですが、運行区域的な関係で難しいのだろうか?

そういえば、始発のむつ市発が朝5時、終発のむつ市着が深夜1時頃となり、青森県を走る乗り合いの交通機関では一番早い始発、遅い終着かもしれません。

投稿者 umineko : 14:32 | コメント (3) | トラックバック

2011年11月 4日

バス停検索へバス停名称のふりがなを表示させる機能を追加しています

ひっそりと、バス停検索へバス停名称のふりがなを表示させる機能を追加しています。

これは、一つ一つ調べていくのでは無く、Yahoo!のテキスト解析APIを使用して実現したもので、予想以上に正しいよみがなデータを返してくれていました。

Yahoo!デベロッパーネットワーク - テキスト解析

例えば、八戸市内のあのバス停や
バス停検索| 八戸中心街ターミナル(六日町)バス停留所の情報(青森県八戸市)

沖縄県のあのバスターミナルで見てみると、正確なふりがなとなっています。
バス停検索| 那覇バスターミナルバス停留所の情報(沖縄県那覇市)

しかし、APIを利用する関係で、あまり有名では無くて難読な地名や「前」、「通」といったバス停名にはありがちなものの、読み方がいくつかある文字で誤変換が見受けられます。

明らかに誤っているものは随時修正していければと考えていますが、過半数のバス停名で正しい読みが取得出来ていて、Yahoo!のテキスト解析APIの実力は予想以上で驚きです!

投稿者 umineko : 22:09 | コメント (2) | トラックバック