八戸の歩き方トップ八戸の歩き方ブログトップ>エントリー
バス編高速バス編鉄道編フェリー編交通アクセス編十和田湖編
ホテル・旅館DBレンタカー八戸編レンタカー青森編ホームページ制作


« 2014年6月 | メイン | 2014年11月 »

2014年10月31日

bモバイルの格安SIMから他社へ乗換を検討中です

bモバイルの格安SIMから他社のSIMへ乗換を検討中です。

現在3G通信用には「b-mobile X SIM」のうち、毎月2.2GBまで高速で通信可能な「プランB」を使用しています。
元々は安さに惹かれてイオンSIMへ加入して、プラン切り替えを行って今に至っています。

しかし、この「2.2GB」が翌月以降に繰り越しは出来ません。
IIJmioでは繰越が可能なだけにbモバイルにも期待していましたけど、なかなか実現しません。

b-mobile X(エックス) SIM| b-mobile SIM
FAQ | b-mobile X(エックス) SIM

とはいえ、大きな不満も無く使っていたのですが、ある時著しく通信速度が遅くなる事が起きました。
(速くても40Kbps程度で…)
端末の問題も疑ってみたものの、特に問題はありませんでした。

そこでふと気が付きました。
通信速度制限が行われている可能性です。

公式サイトのFAQページを読むと、
−−−−−−
また、お客様間の公平を確保するため、特にご利用の多いお客様に対しては通信の速度を制限する場合があります。
 プランI、N、B:当日を含む直近3日間の通信量の合計が360MB以上
−−−−−−
と書かれていて、これに該当するのかと思ったのです。

しかし、高速に通信できる容量「2.2GB」はまだ十分にありました。
そこでbモバイルへ問い合わせてみたところ、「2.2GB」の残量に関わらず通信速度制限はされるとの回答です。

てっきり、「2.2GB」を使っている分には制限されないものと思っていただけに、この回答は驚きでした!
これでは、せっかくの「2.2GB」を高速なままで使い切るのも難しいです…
(1日あたり120MBを越えないように使って最短19日かかります…)

釈然としないので、前から気になっていた他社サービスの「IIJmio」を調べてみました。
そうしたら、
−−−−−−
SIMカード毎に、クーポン残量がない、またはクーポンをOFFにしている状態(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が以下の規定値を超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。
−−−−−−
と書かれており、クーポン残量(bモバイルの2.2GBに相当)がある限りは通信速度が制限される事は無いようです。
念のため問い合わせてみたところ、やはりクーポン残量があれば制限され無いとの回答でした!

おまけに、今は「b-mobile X SIM プランB」よりも安い月額金額でも、ほぼ同容量(2GB)の高速通信可能なのです!

ビックカメラ BIC SIM(ビックシム)
icon

これは「IIJmio」に乗り換えるしか無い気がしてきました♪
実は現在使用しているSIMはLTE非対応で、LTE対応のSIMへ交換するのに2千円程度かかってしまうため、それなら3千円を支払って「IIJmio」のLTE対応SIMへと乗換えてしまうのが得策です。
(SMS使用可能なSIMも選択可能というメリットもあります)

どうやら色々と調べてみると、bモバイルは他社よりも通信速度の規制が厳しいらしいです…
実際今までの体感では1Mbpsを越える事は少ないです…

あとは、auの通信回線を使用したサービス「mineo」も評判良いようですけど、通信速度よりはdocomo網のエリアの広さで「IIJmio」が有力候補となっています。

mineo(マイネオ) ホーム

投稿者 umineko : 17:13 | コメント (0) | トラックバック

2014年10月15日

マルエーフェリーの東京=沖縄航路(飛龍21)が今なら二等運賃半額に!

マルエーフェリーの東京=沖縄航路がウィラートラベルからの予約限定で今なら半額になります!

個人的に乗りたい航路なマルエーフェリーの東京=沖縄航路ですが、実は2014年12月6日那覇発を最後に旅客航路ではなく、貨物船を使用する航路になってしまうのです。
(貨物船には旅客は乗れませんから…)

なお、同じマルエーフェリーでも大阪や神戸、鹿児島からの沖縄航路は12月以降も旅客航路のまま運航される予定です。

マルエーフェリー株式会社 | フェリー・船予約 | WILLER TRAVEL
icon(ページ下部に割引情報あり)

東京航路|A''Line マルエーフェリー株式会社・奄美海運株式会社

以前から一度乗ってみたかったものの、今まで乗ったことが無かったのには理由があり、まずは基本が2泊3日となる長距離航路な事です。
例えば、東京を火曜日に出発すると、翌々日の木曜日に終着那覇へ到着するという、国内ではかなり長時間の乗船となるのです。

もう一点は、一番安い二等運賃でも大人片道27,230円と今の時代では高めに感じる事です。
飛行機利用でもこれよりも安い運賃は多数ありますから…

沿岸部を行く航路ならケータイの電波も届く場所も多いのですが、この航路は沿岸を離れたところも長く通るため、通信環境が不安という事もあります。


そうしたら、以前から全国のフェリー航路も予約取り扱いをしているウィラートラベルが「飛龍21ファイナルクルーズ スペシャルプライス」と題して二等運賃が半額となる割引プランを始めたでは無いですか!
運賃13,620円で東京発着が条件となります。
(例:志布志〜那覇のみ乗船等は適用外)
これは是非乗りたくなってきました(笑)

二等船室といっても、4人部屋の二段ベットであり他航路の一等船室(実際、前の会社では一等として使用)に相当します。

ちなみに、先ほど空席状況を確認してみたところ、東京発はほぼ満席で、那覇発はどの便もまだ空きがありました。
いつも空いていると噂に聞く航路だけに、東京発はこの半額割引キャンペーンの効果か!?
割引適用されない船会社への直接予約は別枠と思われます。
(※2014/10/16現在で確認したところ、空席が増えていました)

狙い目は那覇発のようです。
全区間乗るのは相当長くなり大変そうなため、個人的には名瀬=東京が那覇から乗るよりも9〜10時間程度乗っている時間が短くなって良いかなと思っています。


マルエーフェリーの東京=沖縄航路へ乗ってみたい一番の理由は使用されている船「飛龍21」です。
この船は以前「有村産業」という船会社の旅客船で、「名古屋=大阪=那覇=宮古=石垣=台湾」という壮大な航路で使われていたのです。
(大阪=石垣でも三泊かかりました)

有村産業 - Wikipedia

実は7年程前に「大阪=那覇間」で一度乗ってみようと予約までしたものの、大幅遅れ(半日以上?)で断念しました。
(悪天候の影響で半日遅れなだけに、さらなる遅れも予想され、揺れも相当厳しそうで断念でした…)
その数年後にやっと乗れたという思い出深い船なのです。
当時の一等船室に今なら二等運賃で乗れるというのもポイントです♪

とはいえ、台風の影響もありえるし、冬に近づくにつれて悪天候になりやすそうですから、乗るなら早いうちがオススメですよ〜

マルエーフェリー株式会社 | フェリー・船予約 | WILLER TRAVEL
icon(ページ下部に割引情報あり)

投稿者 umineko : 16:29 | コメント (1) | トラックバック

2014年10月 9日

バス停検索へ新着バス停ページを公開しました

バス停検索」では、新着バス停情報ページを公開しました。

これは、新設されたバス停やバス停検索へは登録されていなかったバス停等のうち、最近新たにバス停検索へ追加したバス停データを一覧で見ることができるものです。
お近くのバス停が見つかるかも?

バス停検索|新着バス停情報
バス停検索|最寄りバス停を地図や住所から無料で探せるサービス(topページ)

なお、まだまだ登録されていないバス停も全国に多数あるため、もしこのバス停が出てこないですよ等ありましたら、バス停検索内各ページ下部にあるお問い合わせフォームから詳しい情報をお寄せください!

投稿者 umineko : 15:36 | コメント (0) | トラックバック