八戸の歩き方トップ八戸の歩き方ブログトップ>エントリー
バス編高速バス編鉄道編フェリー編交通アクセス編十和田湖編
ホテル・旅館DBレンタカー八戸編レンタカー青森編ホームページ制作


« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月31日

☆B-1グランプリが今週末開催!(6/2,6/3)

昨年八戸市で初開催された「B級ご当地グルメの祭典!第二回B-1グランプリ」が6/2(土)〜6/3(日)に開催されます。
もちろん八戸せんべい汁は参加、青森県からは青森生姜味噌おでんが参加予定です。

・(リンク)「B級ご当地グルメの祭典!第二回B-1グランプリ(富士宮)」

会場は静岡県富士宮市の「富士山本宮浅間大社周辺」となっています。
交通アクセスはJR身延線富士宮駅から徒歩約10分。

なお、東京からだと「東京駅〜富士宮間」の高速バスが便利です。
東京駅〜富士宮駅間が約2時間20分、片道2,500円、往復割引4,700円になります。
・(リンク)「JRバス関東 富士宮線」

高速バスの予約はこちらからできます。
・(リンク)「発車オ〜ライネット」
先ほど確認したところ両日共に空席がありました。

昨年は八戸まで遠くて行けなかった方もいるかと思いますが、関東、東海地方へお住まいの方は今年こそ参加してみてはいかがですか?

投稿者 umineko : 13:31 | コメント (4) | トラックバック

2007年5月29日

北東北に新たな都市間ツアーバスが!

オリオンツアーの公式サイトを見ていたら新路線を見つけました!
それは「東京〜秋田間」です。

・(リンク)オリオンバス(オリオンツアー)

主な運行経路しかわからず、詳細な乗り場(駅前なのか等)や運行期間はわかりません。
・運行区間
東京〜秋田
・経由地
(成田空港)・TDL・東京・新宿〜横手・秋田・能代・大館・大鰐
・料金
4.500円から

横手から大館まで秋田県を縦断する事も今までに無くすごいですが、注目すべきは「大鰐」です。
これは青森県大鰐町を表していると思われますが、ここだけ秋田県では無いのは利用するバス会社の関係と予想しています。

この新路線がどれだけ利用されるか未知数ですが、注目していきたいと思います。

(5/30追加)
いつのまにか時刻も掲載されていました。

・秋田行き
東京駅23:45発〜仙台駅東口5:00頃着〜横手7:55頃着〜秋田9:10頃着〜能代10:25頃着〜大館11:35頃着〜大鰐12:15頃着

・東京行き
大鰐16:45発〜大館17:25発〜能代18:35発〜秋田19:50発〜横手21:05発〜仙台駅東口 23:55発〜新宿駅西口5:30頃着

なお、スケジュール上では山形駅経由のように書いてありますけど、山形駅〜横手駅間が55分は無理がある事、休憩地に中尊寺PAがある事から仙台から横手に直通すると思われます。

・(リンク)【東北地方の高速バス】仙台・福島・青森・秋田・山形・盛岡発着の高速バス|オリオンバス

投稿者 umineko : 02:33 | コメント (12) | トラックバック

心機一転といえば

今回は「1つのご提案」の5月のテーマ「心機一転」について書きます。

最近の心機一転というと、経営破綻した会社が再生する事を思い浮かべます。
全国のバス事業者でも再建が完了した事業者、再建途中の事業者がいくつもあります。
その中で、沖縄本島のバス会社「那覇交通(現那覇バス)」、「琉球バス(現琉球バス交通)」はいずれも経営破綻した後に九州のタクシー会社「第一交通産業」傘下に入り会社再建中です。

私が沖縄県へ初めて行った2004年時点では既に「那覇バス」となり再建中でしたが、噂に聞いていた沖縄の路線バス(乗る時に手を挙げないと停まらない、運転が乱暴、接客態度に難あり等)とは異なり、手を挙げなくとも乗れ、車内の肉声アナウンスもあり安全運転のきちんとしたバスでした。
沖縄のバスも変わったのだと思ったのもつかの間、同じ沖縄本島を走る他社の路線バスは手を挙げないと乗れる点は改善されているものの、運転や接客態度に関しては決して良いとは言えない内容でした。

実際、那覇バス社内では接客マナーの向上を重視していると読み納得しました。
他にも新路線の開設や新車を積極的に増やすなど、様々な改善がなされています。

この例から見ると、経営破綻した事により心機一転しサービス向上がなされた事は興味深いです。

青森県の民間路線バス事業者はいずれも経営が厳しいようですが、実行は簡単では無いものの、資金力のあるスポンサー企業の協力により心機一転やり直せば便利な路線バスになるのでは無いかと感じています。

投稿者 umineko : 01:25 | コメント (4) | トラックバック

2007年5月10日

八戸のお店でウィルコム端末が活用されてます

先月、ウィルコムのイベント「WILLCOM FORUM & EXPO 2007」へ参加してきました。
その時に講演の中で「W-ZERO3」の活用例として「アサヒビール」と「横浜ファーマシー」の2社が登場しました。

・(リンク)【WILLCOM FORUM & EXPO 2007】 喜久川社長、夏モデル2機種の投入を明らかに(ニュース)

どこかで聞いた社名だと思ったら、青森県内でよく見かけるお店「スーパードラッグアサヒ」の会社では無いですか!
全店に1台ずつ「W-ZERO3」を配置し売り場で業務に活用しているそうです。

・(リンク)スーパードラッグアサヒ

改めて調べてみると、八戸市内に4店もあります。

そんな身近な会社でウィルコムが活用されている事、大会社のアサヒビールと同列で紹介された事に驚きました!

投稿者 umineko : 13:17 | コメント (9) | トラックバック

2007年5月 7日

パンダ号、青森上野号の回数券を1枚だけ買えました

先月末に弘前→上野と弘南バス「パンダ号」を利用しました。
今回は片道利用のため、回数券だと1枚分が残ってしまいます。

そんな時、回数券を買うため弘前駅から弘前バスターミナルに向かう途中、何気なくチケットショップを見てみたところ、「パンダ号、青森上野号」の回数券を1枚でも売っているでは無いですか!
1枚4950円と普通に買うよりお得なのもメリットです。
(通常、回数券は2枚で1万円)
店名は「日本チケット」で、弘前駅から見て右手にあります。

・日本チケット
http://www.real-takken.com/link-ticket.htm

第二日曜日以外は土日も営業しているとの事で、旅行中に買うのにも便利です。
片道だけパンダ号、青森上野号を使いたい方にはオススメします。

投稿者 umineko : 13:19 | コメント (8) | トラックバック