八戸の歩き方トップ八戸の歩き方ブログトップ>エントリー
バス編高速バス編鉄道編フェリー編交通アクセス編十和田湖編
ホテル・旅館DBレンタカー八戸編レンタカー青森編ホームページ制作


« 2005年6月 | メイン | 2005年8月 »

2005年7月31日

八戸三社大祭開催中は中心街で交通規制が行われます

いよいよ八戸三社大祭が7/31(日)〜8/4(木)の日程で今年も始まりますが、開催中は八戸市の中心街で交通規制が行われます。
それにより、市内を走る各路線バスについても、大幅に経路変更、一部区間運休などが行われます。
八戸市営バス、南部バスの運行については、各公式サイトに情報が載っています。

また、交通規制は八戸発着の各高速バスにも影響がありますので、ご利用の際はご注意ください。

・(リンク)八戸三社大祭期間中の交通規制に伴う迂回運行について

・(リンク)南部バス 路線バス Topics(PDFファイルで情報あり)

各社の変更がある時間をまとめると、バス停留所ごとに違いはありますが、以下のようになります。

◆7月31日(日)前夜祭の運休、経路変更等を実施する時間
・八戸市営バス 16:50頃〜22:00頃
・南部バス 16:45頃〜21:00頃

◆8月1日(月)お通りの運休、経路変更等を実施する時間
・八戸市営バス 13:00頃〜19:00頃
・南部バス 14:45頃〜19:00頃

◆8月2日(火)中日の運休、経路変更等を実施する時間
・八戸市営バス 16:00頃〜21:00頃
・南部バス 14:45頃〜21:00頃

◆8月3日(水)お還りの運休、経路変更等を実施する時間
・八戸市営バス 14:00頃〜19:00頃
・南部バス 14:45頃〜18:30頃

◆8月4日(木)後夜祭の運休、経路変更等を実施する時間
規制時間16:50頃〜22:00頃

投稿者 umineko : 00:15 | コメント (4) | トラックバック

2005年7月30日

全国高校総合文化祭青森大会が開催中

今週7/27(水)〜7/31(日)の5日間の日程で、青森県内各地では「第29回全国高等学校総合文化祭青森大会」が開催中です。
こういった全国大会があるとよくある事ですが、今回も全国から貸切バスが続々とやってきています。

・(リンク)第29回全国高等学校総合文化祭青森大会HP

私自身、今週乗った東京発の夜行バスで移動する際、途中の高速道路サービスエリアで、深夜3時にも関わらず、高校生達が席を埋めて食事している光景にでくわしました。
その後、一般道を走る時にすれ違うバスもほぼ満席で、富士急行バス(山梨県、東京都などに拠点あり)、伊豆箱根バス(静岡県に拠点あり)、福島交通(福島県)など普段は青森県内で見られないバスを見かけました!

ちょっとバスネタばかりになってしまいましたが、もちろん八戸周辺で開催されている部門もありますので、応援しにいってみてはどうですか?

・「演劇部門」八戸市公会堂(八戸市) 7/29〜7/31
 八戸市公会堂への交通は「公共施設のアクセス編」
・「美術・工芸」八戸市民体育館(八戸市)7/27〜7/31
 八戸市民体育館への交通は「運動公園・競技場編のアクセス編」
・「書道」ユートリー(八戸市)7/27〜7/31
 ユートリーへの交通は「公共施設のアクセス編」
・「放送」三沢市公会堂(三沢市)7/30〜7/31
・「将棋」古牧温泉(三沢市)7/28〜7/29(終了)
・「弁論」十和田市民文化センター(十和田市)7/29〜7/30(終了)

投稿者 umineko : 23:27 | コメント (5) | トラックバック

2005年7月27日

スター・ツアーズの東京〜青森格安バス!?

青森2005/7/15発、東京7/16発からすでに運行中のオリオンツアー(TDL、東京〜弘前、青森、八戸、久慈間)の他にも、スター・ツアーズ・ジャパンという旅行会社が東京〜青森で格安夜行バスを運行しています。
オリオンツアーの青森線は片道5000円(トイレ無し車)ですが、スターツアーズは片道5500円ながらトレイ付きバスという特徴があります。

格安高速ツアーバス新宿・東京・東京ディズニーリゾート⇔青森・弘前(リンク切れ)
・(リンク)高速バスのウィラーエクスプレス(スター・ツアーズをルーツとする会社)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○八戸〜東京間5000円のバス登場! 
弘南バスツアーズの夜行バスなら片道5000円で八戸駅から東京へ行けます。

2007年2月中旬から5月中旬まで運行決定!
「八戸〜東京の乗り物比較編」
・(リンク)弘南バス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ツアーバスの予約なら各社比較できる楽天トラベルがおすすめ。
楽天トラベル 高速バス予約

この路線は運行期間の初日は運行された気配が無いとの情報もあり、謎が多かったですが、本日7/27東京発の便と思われるバスを撮ってきました!

あらかじめ、お断りしておきますが、以下の内容は私自身の予想が大きく含まれていますので、もし実際と大きく異なる場合も、優しく指摘してもらえると助かります。
また、屋外でフラッシュを使用するのはまわりの迷惑となるため、ここにある写真はフラッシュ使わず手ぶれしまくりとなっています。


東京駅八重洲口(ヤンマービル前)からの所定時刻では20:50集合、21:00出発となっているため、20:50前に現地へ着きましたが、これと行って案内表示がある訳では無く、スーツ姿の係員らしき方が一人交差点近くに立っていました。

様子を見ていると、その係員らしき方と何やら話しをした後、駅から少し離れた場所に停車中のバス(1台)を指し示しているように見えたのです。

そして、そのバスに近づいたところ、「つばめバス」というLED表示が目に入ってきたのです!
「つばめ」というと、もしかして六戸のつばめタクシーか?と思いました。

・東京駅八重洲口で都バスと並ぶつばめ交通
つばめ交通

しかも、八戸ナンバーなんですよ!
ただ、LEDは自由に表示できるのが特徴だと思うのですが、横のLEDもなぜか「つばめバス」なんです

・「つばめバス」のLED表示
つばめ交通

しかも、LED表示ばかりか、バス前面を見ても行き先や「スター・ツアーズ」のような表示がどこにも見当たりません。
また、「つばめタクシー」では無くて、あくまで「つばめ交通」なようです。

・車体横の「つばめ交通」の表示
つばめ交通

・車体横の英語表記でつばめ交通
つばめ交通

そして、係員と思われる方もバスへ乗車して、そのままバスは出発して行きました。

ここまで書いてきましたが、どこにもスター・ツアーズのツアーバスであるとは書いてませんでしたが、そうであると思えるポイントがいくつかありましたので列挙してみます。

・集合場所のヤンマービル付近にいる貸切バスがつばめ交通一台だけである(定期高速バスは多数通過)
・出発予定時間とほぼ同じく発車していった
・東京駅からも数人が乗り込んで行ったため、到着では無く出発便である(=時間から考えて夜行便の可能性高し)
・東京ではシリウス号くらいでしか見かけない「八戸ナンバー」のバスである
・車内はほぼすべてのカーテンが閉められており、いかにも夜行バスのようである

などが挙げられます。
個人的にはきっとそうだと思っていますが、真相を知っている方いましたら情報教えてください!

※八戸バス鉄道研究会管理人のHIROさんの情報によると、「つばめ交通」とは「つばめタクシー」の貸切バスに表示されているのだそうです。
つまりつばめタクシーが運行しているという事になりますね?
HIROさん情報ありがとうございます!
八戸鉄道・バス研究会(青森県八戸市周辺の鉄道・バス総合サイト)
八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

投稿者 umineko : 22:25 | コメント (7) | トラックバック

2005年7月22日

八戸にも格安バスが進出!

青森、弘前に続いて、ついに八戸にも格安バスが進出します!
元々は2005/7/16から運行を開始した東京〜青森間の夜行バスでしたが、ここに来て突如本八戸駅経由、久慈行きとなったのです。
どうやら7/21から久慈行きとなったようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○八戸〜東京間5000円のバス登場! 
弘南バスツアーズの夜行バスなら片道5000円で八戸駅から東京へ行けます。
2007年2月中旬から5月中旬まで運行決定!
「八戸〜東京の乗り物比較編」
・(リンク)弘南バス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なお、乗車券は片道5000円、往復割引9500円となります。
運行時刻は東京発が「TDL 22:30発→東京駅 23:30発→弘前駅 8:00頃着→青森駅 9:00頃着→本八戸駅 12:30頃着→久慈駅 13:30頃着」、
久慈発東京行きは「久慈駅 17:10発→本八戸駅 18:15発→青森駅 21:00発→弘前駅 22:00発→東京駅 6:00頃着→TDL 7:00頃着」
となります。
※TDL=東京ディズニーランド前

格安なのはいいものの、東京駅〜本八戸駅間が11時間45分〜13時間というのは、シリウス号に比べて約1.3〜1.5倍の長時間乗車となるので、注意が必要です。
とにかく時間はあるけど、安ければいい!という方におすすめの乗り物です。

・(リンク)オリオンバス(オリオンツアー)

◎ツアーバスの予約なら各社比較できる楽天トラベルがおすすめ。
楽天トラベル 高速バス予約

↓こちらのブログでも紹介されています。
八戸鉄道・バス研究会別館ブログ:八戸・久慈にも格安バス登場!!

投稿者 umineko : 19:40 | コメント (7) | トラックバック

2005年7月12日

八戸市営バスの勝手にランキング(1)

思いつきで「八戸市営バスの勝手にランキング」というのを初めてみました。
今回は最終バスと始発バスのランキングです。

八戸の歩き方(バスのダイヤ改正履歴)

最終バスでは第1位「八戸駅22:26発旭ヶ丘営業所22:49着の旭ヶ丘営業所行き」が曜日を問わず、一番遅くまで走る最終バスです。
八戸を代表する駅「八戸駅」前から発車する終バスであるだけでなく、市内でも一番遅くまで走るバスなんです!
第2位は曜日により異なり、「旭ヶ丘営業所行き」と「大杉平営業所行き」が熱い戦いをしています。

続いて、始発バスは第1位「旭ヶ丘営業所5:49発(日曜祝日は5:51発)多賀台団地行き」が毎日一番の早起きです。
そして、意外な第2位は「旭ヶ丘営業所5:55発是川団地行き」(平日、土曜)なんです!!!

どうみてもこの路線は、是川団地〜本八戸駅間を走る路線の回送を兼ねた路線なんですが、こんな朝早くから営業運転としている事にびっくりです。

是川団地行きは惜しくも日曜祝日では、第2位「大杉平営業所5:54発鮫行き」と伝統の路線に2位の座を譲ってしまいますが、それでも1分違いで第3位入賞です!
第3位は「鮫小学校通り5:55発大杉平営業所行き」と「旭ヶ丘営業所5:55発是川団地行き」の同時刻となります。

今回は、是川団地線の意外な早起きぶりと、鮫線の底力と平日よりも日曜祝日の方が始発が早いという不思議な事がわかり収穫でした。
次回はいつになるかわかりませんが、南部バス、十鉄のランキング、または他のジャンルを取り上げていきたいと思います。

投稿者 umineko : 02:30 | コメント (10) | トラックバック

2005年7月 4日

八戸〜東京間のお得な乗り物を特集してみました

この7月からオリオンツアーが青森〜東京5000円のバスを運行開始した事もあり、八戸〜東京間を移動する場合、選択肢が増えました。
そんな事もあり、八戸から東京を移動する際の交通機関比較をまとめて特集しました!

↓特集ページはこちら
八戸の歩き方(八戸〜東京の乗り物比較編)

・(リンク)オリオンバス(オリオンツアー)

調べた結果、安さ一番は片道なら、
----------------------------------
☆1番「青春18きっぷ」利用(青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道経由)
青春18きっぷの1日分あたり2,300円(11,500円で発売)+2,960円(青い森+IGR)=
合計5260円(1日分使用として計算)
※残り4日分を活用できる場合

☆2番「オリオンツアーの夜行高速バス」(八戸〜青森間JR普通列車、青森〜東京間バス)
バス運賃5,000円+JR運賃1,620円=
合計6,620円

☆番外編:八戸発からのみ利用可能な「青春18きっぷ+高速バス八盛号」利用
片道しか使えないため番外編としましたが、八戸〜盛岡間の高速バス「八盛号」(1,830円)を使う事により、
2,300円+1,830円=片道4,130円となります。
(八戸行きは盛岡発の最終便が15:50発のため乗り継ぎ不可)
----------------------------------

往復利用なら、
----------------------------------
★1番「北海道東日本パス」(青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道経由)
北海道東日本パス10,000円(片道あたり5,000円)

★「青春18きっぷ」(青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道経由)
青春18きっぷの2日分相当4,600円(5日分11,500円で発売)+2,960円(青い森+IGR)×2=
合計10,520円(2日分使用として計算、片道あたり5,260円)
※残り3日分を活用できる場合

★「オリオンツアーの夜行高速バス」(八戸〜青森間JR普通列車、青森〜東京間バス)
バス往復割引運賃9,500円+JR運賃1,620円×2=
合計12740円(片道あたり6370円)

★「青森上野号(昼行高速バス)」(八戸〜青森間JR普通列車、青森駅〜上野駅間バス)
バス往復割引10,000円+JR運賃1,620円×2=
合計13,240円(片道あたり6,620円)
※往復割引が10,000円の期間限定
----------------------------------
以上のような結果となりました。

しかし、最安値となった青春18きっぷ、北海道東日本パス利用となると、
多くの乗換えが必要な上、快適とはいえない座席での移動は、あまりおすすめできません。
そのため、一般の方向けには、オリオンツアーの高速バスが実質1位になるのでは無いかと思います。

・(リンク)オリオンバス(オリオンツアー)

投稿者 umineko : 00:36 | コメント (0) | トラックバック