八戸の歩き方トップ八戸の歩き方ブログトップ>格安通信SIMをBIC SIM(IIJmio)へ乗換えて使ってみた感想
バス編高速バス編鉄道編フェリー編交通アクセス編十和田湖編
ホテル・旅館DBレンタカー八戸編レンタカー青森編ホームページ制作


« ついに秋田県北部へもセブンイレブンが出店開始します | メイン | 運行終了前のブルートレイン寝台特急北斗星号を楽しむポイントまとめました »

2015年7月10日

格安通信SIMをBIC SIM(IIJmio)へ乗換えて使ってみた感想

2014年10月に bモバイルの格安SIMから他社へ乗換をしようかと書きました。

その後、結局ビックカメラの「BIC SIM(IIJmio)」へ乗換えました!
「ミニマムスタートプラン」のSMS機能無しのナノSIMです。
(標準SIMが品切れのため、在庫のある「ナノSIM+別途購入の標準SIMに変換してくれるアダプタ」で使用)

ビックカメラ BIC SIM(ビックシム)
icon

八戸の歩き方ブログ: bモバイルの格安SIMから他社へ乗換を検討中です(前回の記事)

およそ8ヶ月間使ってみた感想を書きます。
格安SIMの使用や乗換を検討している方の参考になれば幸いです。

まず、

1.高速通信可能な容量が残りある間は、通信速度制限がされない事

という点は、全く問題ありませんでした!

特にスマホ用アプリの「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」を入れる事で、一日毎の通信料を確認が出来て、残りの高速通信容量も確認出来るため、とてもわかりやす事も大きなメリットです。

bモバイルだと高速通信容量の残りのみ(1〜2時間では反映されず、いつ現在かは不明)しか確認出来ず使用量がわかりにくい上に、一日の通信料が多いと速度制限されてしまうのが困るポイントでした...


続いて、

2.通信速度
速度は1Mbpsを越える事は多くなく、従来のbモバイルとあまり変わらない印象です。
ただし、LTE非対応のWifiルータにて使っている事もあり、それほど高速化は重視していません。

通信可能エリアもbモバイルと同様にdocomo網を使用している事もあり、問題ありません。


3.高速通信可能な容量
元々1ヶ月間で2GBを越えて使う事はあまり無かったですが、加入後に1ヶ月あたりの通信容量が「3GB」へと増量された事もあり、思う存分使うことが出来てとても満足しています。
(むしろ、使い切れずに勿体無いほどですけど...)

また、IIJmioではbモバイルには無かった「次月への容量繰越サービス」もあり、容量が毎月溜まっては失効してしまう状態です。
(2ヶ月前の残容量が失効する)


4.Wi2の公衆無線LANサービスが無料で使える点
このWi2は期待していたのですが、思ったよりも便利じゃありませんでした...

それは、使いたい場所では「Wi2premium」等の有料オプションエリアが多い事と、無料で使える「Wi2」等のエリア内でも何度か試しましたが、接続はできるものの、機器との相性が良くないのか、通信速度が異様に遅いか(100kbps出るかどうか)、全く通信できなかったのです...
この点はうちだけの問題かもしれませんし、原因はよくわかりません。


結果としては、高速通信容量があれば通信速度を制限される事も無くなり、思う存分使うことが出来て満足しています。
正直なところ、新たな料金プランが出来ても、bモバイルへ再度乗換えることは無いかなと思っています。

ビックカメラ BIC SIM(ビックシム)
icon

投稿者 umineko : 2015年7月10日 20:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://8nohe.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/705

このエントリーを含むはてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントしてください




保存しますか?