八戸の歩き方トップ八戸の歩き方ブログトップ>岩手県北部の新バス路線
バス編高速バス編鉄道編フェリー編交通アクセス編十和田湖編
ホテル・旅館DBレンタカー八戸編レンタカー青森編ホームページ制作


« 実感している自然環境の変化 | メイン | なみだを流すくらいの »

2006年2月 3日

岩手県北部の新バス路線

ふと見つけた面白そうなバス路線開設情報です。

・(リンク)「洋野町 洋野町の制度は次のようになります」

洋野町(ひろの)というとどこの町かわからない方も多いと思いますが、実は岩手県北部の種市町と大野村が合併してできた新町なのです。
八戸市の隣町かと思ったものの、階上町、軽米町をはさんだ場所に位置します。

このページの中で、
「■町営バスの運行
現在、種市町で運行している大谷線を大野村まで延伸し、   
種市町〜種市庁舎〜大谷〜大野庁舎〜大野高校〜おおのキャンパス間を運行します。
〜略〜
平成18年4月1日の運行開始を目途としています。」
との記述があります。

今まで旧大野村と種市町を直接結ぶ路線は無かったため、例えばちょっと遠出したい時にでも、南部バスで八戸から大野駅まで行き、そこからバスでJR種市駅まで抜ける事も可能となります。
また、沿線には大谷温泉もあり途中下車するにもよさそうです。

この新路線が八戸には関係が無いと思いきや、町営バスの運賃次第では八戸〜大野を移動する場合、
従来の「陸中大野〜八戸市中心街間の南部バス大野線(運賃1310円)」よりも
「大野駅〜種市駅間の町営バス(参考:大谷温泉〜種市駅間300円)+種市駅〜本八戸駅間のJR八戸線(運賃570円)」を使う方が安く行けるかもしれません!
つまり、南部バス路線の利用者数にも影響があるかもしれないのです。

実施は4月に運行開始されてみないとわからないですが、春に向けて気になる存在です。


あと、合併というと三戸郡では福地村、名川町、南部町(なんぶまち)が合併して、南部町(なんぶちょう)となりました。
こちらも旧名川町エリアで町内全域を走る「ながわ里バス」が運行されています。
近い将来に町域全体へ運行を拡大するものと思われ、これまた気になる存在であります。

投稿者 umineko : 2006年2月 3日 01:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://8nohe.info/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/106

このエントリーを含むはてなブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

acozvpnbg ktxbqrs rnux yuiaxrp phcknsft cwnysq ynstuv

投稿者 kefptiwz dmpj : 2007年9月30日 18:46

acelvar

投稿者 getsitc4tri : 2008年3月19日 12:34

bhirzgexn fzbqla cbuigxzam ciejnbdm zuktham fvgxu uqcmgbl

投稿者 xmdjzvw hanfvsgi : 2008年10月16日 18:39

Ya learn something new eevryday. It's true I guess!

投稿者 Darnesha : 2011年12月19日 00:46

ogyribtlezs That's a nice post. ogyribtlezs

投稿者 Replica Hermes : 2012年8月30日 07:50

八戸の歩き方ブログ|青森八戸の乗り物、PHSネタ: 岩手県北部の新バス路線

投稿者 wholesale bags : 2014年3月25日 13:24

コメントしてください




保存しますか?