2002/06/30 登場
2008/05/21 更新
バス編高速バス編鉄道編フェリー編
交通アクセス編十和田湖編リンク集
八戸の歩き方内を検索
 

八戸の歩き方(バス定期券・回数券編)

八戸市内を走るバスの定期券、回数券、一日乗車券について説明します

八戸の歩き方のトップバス編>バス定期券・回数券編
一覧
・回数券のセット内容、売り場情報を追加(2005/11/26)
・一日乗車券情報を更新(2005/8/14)
・定期券発売窓口の情報、回数券情報を更新(2005/5/15)
・八戸えんじょいカード情報追加しましたこちら「一日乗車券」(2004/9/5)

路線バス概要高速バス市外へのバス三沢空港連絡バス主なバス路線詳細バス乗り場(中心街)バス会社紹介
お願い
このサイトは個人で運営しているものであり、作者は交通機関の一利用者として作成しています。
そのため、各バス・鉄道会社などの団体・会社とは一切関係ありません。
このサイトの内容についてのご質問等はこちらへお願いします。
(メールの本文、または件名に「八戸の歩き方を見た」事を書いてもらえると、メール返答時に助かります。)

また、時刻や所要時間などの情報は、正確ではない場合があります、あくまでだいたいの目安としてご利用下さい。
当サイト内では時刻等は最新の情報を載せていくようにしていますが、一部古い情報が含まれる場合がありますのでご注意ください。
初めて来られた方は、こちらのお願いをお読み下さい。



・一日乗車券、回数券、定期券について

回数券は、市営、南部、十鉄の3社で高速バスを除き共通使用できます。
また、市営バスは車内にて、一日乗車券、セット回数券を発売しています。

・一日乗車券
一日乗車券は、市営バスと南部バスで発売されています。
なお、利用できる日が限定されていますので、ご注意下さい。

八戸市内の交通期間が乗り放題の「八戸えんじょいカード」が発売中です。(ガイドマップ付き)
・詳細情報リンク
(リンク)「H.net (八戸えんじょいカードナビ)」
(リンク)「八戸鉄道・バス研究会モバイル(八戸えんじょいカードのご案内)」

一日乗車券
値段 有効区間 使用可能期間 発売会社
一日分大人600円、小人300円 市営バス全路線(種差海岸遊覧バス含む) 土曜・日曜・祝日と毎月25日 市営(車内と窓口で発売)
一日分大人600円、小人300円 南郷区を除く八戸市内の南部バス路線 土曜・日曜・祝日と毎月25日 南部(窓口で発売)
えんじょいカード
一日分大人700円
八戸市営バス全線、南部バスの八戸市内全線(南郷区内は中心街〜南郷区役所間のみ利用可) 通年利用可能 発売はJR東日本のみどりの窓口等、引換えは八戸市内JR駅の各窓口、三春屋、ラピアの南部バス窓口等
・2005年4月から南部バスの一日乗車券は、南郷区を除く八戸市内全線使えるようになりました。
(以前は市営バスとの競合区間のみ使用可能)
上へ戻る

・バス回数券
回数券は、八戸市営バス、南部バス、十鉄バスの3社で高速バスと一部路線(100円バス等)を除き共通使用できます。
また、回数券の組み合わせは自由で、有効期限は決まっていません。
(例:100円券と30円券で130円分として使用可能)
セット回数券は3社共にバス車内で購入できます。
(南部、十鉄は手渡し、市営は運賃箱一体の販売機で購入)
バス回数券
名称 発売額 特徴、使用条件等 発売会社
普通回数券 10枚分の金額で11枚つづり 特になし 三社とも発売
通学回数券 10枚分の金額で13枚つづり 通学する学校の証明書などが必要で、表紙へ記名する 三社とも発売
お買い物回数券 一冊1000円で1300円分がセット 午前10時〜午後4時30分の間に降車する場合に有効
数種類の券がセット
(例:260円区間を200円で利用可能)
南部:100円券9枚、30円券10枚、10円券10枚
市営:100円券9枚、30円券10枚、10円券10枚
市営、南部
セット回数券 一冊1000円で1100円分がセット
市営は一冊2000円券(2200円分)もあり
30円券、100円券など数種類の券がセット
(例:220円区間を200円で利用可能)
十鉄:100円券5枚、50円券10枚、10円券10枚
南部:100円券5枚、30円券15枚、10円券15枚
市営:100円券5枚、40円券5枚、30円券5枚、20円券10枚、10円券5枚
市営、南部、十鉄
(1000円券はバス車内でも発売)
特殊回数券 一冊6枚つづりで5枚分の金額 1,000円を超える高額区間用 十鉄

上へ戻る

・八戸市営バス定期券運賃表
定期券運賃をポケット時刻表掲載の計算式を元に計算したものが下記の表になります。
八戸市営バス定期券運賃表
定期券種類 1ヶ月定期券 3ヶ月定期券 6ヶ月定期券 12ヶ月定期券
持参人式定期券 3割引 1ヶ月定期の3倍の5分引き 1ヶ月定期の6倍の1割引き 発売なし
通勤定期券 3割引 1ヶ月定期の3倍の5分引き 1ヶ月定期の6倍の1割引き 発売なし
通学定期券 4割引 1ヶ月定期の3倍の5分引き 1ヶ月定期の6倍の1割引き 1ヶ月定期の12倍の3割引き
計算例 1ヶ月の通勤定期券の発売額は、大人片道280円の区間なら1ヶ月分の運賃(往復運賃560円×30日分=16,800円)を3割引した金額11,760円になります。

持参人式定期券とは、券面に記名されていないので、購入者以外でも持参した人が使えるものです。
また、南部バスの定期券運賃は、通勤片道定期券があるほかは市営バスのものとほぼ同じになります。

・八戸市営バスの定期券購入申込書、通学証明書のひな形をダウンロードできます。
(リンク)「八戸市 くらしの便利帳」(申請書ダウンロード→市営バス内にあり)
上へ戻る

・回数券、定期券販売所

ユートリー内にあった八戸観光案内所は、八戸駅ビル内のはちのへ総合観光プラザに移転しました。

・八戸市営バス
八戸市営バス定期券・回数券販売所
販売所 販売時間 定休日 電話番号
旭ヶ丘営業所 平日8:30〜18:00
土日祝日9:00〜13:00、14:00〜17:30
無し、毎日営業 0178-25-5141
大杉平営業所 平日8:30〜18:00
土曜8:30〜12:00、13:00〜17:00
日曜、祝日 0178-44-1511
チーノ1階インフォメーションプラザ
(中心街・最寄りバス停(十三日町、十六日町))
※チーノ3階から1階に移転しました
・チーノへの交通アクセス
10:00〜18:00 マルマツと同じ 0178-24-3131
はちのへ総合観光プラザ
(八戸駅ビル・うみねこプラザ2F)
・ユートリー(八戸駅前)への交通アクセス
9:00〜20:00 年末年始 0178-27-4243
長崎屋八戸店サービスカウンター
(ラピア内・八戸市江陽)
・ラピアへの交通アクセス
10:00〜19:45 ラピアと同じ 0178-47-1250
(2005年4月現在)
その他、回数券のみの委託販売所があります。
・主な回数券の販売所
岬台バスプール(岬台団地バス停)、是川バスプール(是川団地バス停)、ラピアバスセンター、三春屋(十三日町)、みやミートショップ(旭ヶ丘)、松孫松栄堂(新井田)、まちの駅はちのへ(三日町)、
サークルK5店舗、ミニストップ2店舗、サンクス9店舗、デイリーヤマザキ八戸十三日町店、他

また、市営バス車内では運賃箱に付いている販売機により一日乗車券(1000円券)とセット回数券が買えます。
上へ戻る

・南部バス
八戸市内南部バス定期券・回数券販売所
販売所 住所 最寄りバス停
八戸営業所 八戸市二ツ家 八戸営業所バス停
はちのへ総合観光プラザ(八戸駅ビル2階)
・ユートリー(八戸駅前)への交通アクセス
八戸駅前 八戸駅バス停
笹森商店 八戸市八幡 八幡バス停
三春屋八戸店内(南部バスカウンター)
(イトーヨーカ堂八戸店内から移転しました)
・チーノ(三春屋斜め向かい)への交通アクセス
十三日町 十三日町、十六日町バス停
南部バスラピアトラベルカウンター
(ラピア内・八戸市江陽)
・ラピアへの交通アクセス
江陽 ラピアバス停
(2005年4月現在)
・その他の定期券、回数券の販売所
市ノ沢出札所(八戸市南郷区)、五戸営業所、金沢洋服店(五戸町)、文屋(五戸町)、吉金商店(十和田市)、三戸営業所、松伝商店(三戸町)、田子商工会(田子町)、滝重商店(二戸市)

その他、回数券のみの委託販売所があります。
また、南部バス車内では運転手持参のセット回数券が買えます。
※八戸の十一日町待合所、小中野バスセンターの窓口は閉鎖されました。
上へ戻る

・十和田観光電鉄
八戸市内十和田観光電鉄定期券・回数券販売所
販売所 場所 電話番号
八戸営業所(定期券のみ発売) 八戸市江陽 0178-43-4520
八戸八日町バス停(三八五観光内・中心街)
(回数券のみ発売)
八戸市八日町 0178-44-8181
(2005年4月現在)
その他、十鉄路線が通る十和田市や三沢市、百石町などに定期券・回数券販売所があります。 自作バス路線図はこちら(2000年現在)
上へ戻る


トップページバス編高速バス編鉄道編フェリー編交通アクセス編通信編新幹線編リンク集

ご意見、ご感想、質問はお気軽にこちらからお送り下さい
八戸の歩き方内を検索