八戸の歩き方トップ八戸の歩き方ブログトップ>エントリー
バス編高速バス編鉄道編フェリー編交通アクセス編十和田湖編
ホテル・旅館DBレンタカー八戸編レンタカー青森編ホームページ制作


« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月30日

岩手県北バスが「東京⇔北いわて・久慈号 お盆帰省・上京バス」を運行します

岩手県北バスが「東京⇔北いわて・久慈号 お盆帰省・上京バス」を運行します。

岩手県北バス(中程の「東京⇔北いわて・久慈号お盆帰省・上京バス」内に詳細情報PDFあり)
 (詳細PDFファイル)

このバスは、以前より帰省バスとして運行しているもので、毎回その時期が近づかないと公式サイトには情報が出ないため、地元の方以外にはその存在は知られていない気がします。

料金的には片道8,500円(滝沢ICでの乗下車は8,000円)と安くはありませんが、他に夜行バスが無い、久慈市や九戸村、一戸町と東京を結ぶ夜行バスとなるため、常連さんが多いのかなと予想しています。

ただし、運行日はだいぶ少なめで東京発、久慈・野田発共に2日間ずつのみとなります。
ーーーーーー
東京発
2011年8月12日・13日
久慈・野田発
2011年8月15日・16日
ーーーーーー

運行経路は、チラシPDFデータより引用すると、
ーーーーーー
浜松町バスターミナル==滝沢IC=浄法寺IC=二戸駅西口=県北バス一戸営業所==九戸オドデ館=円子ロッキー前=小軽米郵便局=大野駅=県北バス久慈営業所=野田駅
ーーーーーー
と書かれています。

「滝沢IC」でも乗下車可能というのは興味深いポイントです。
盛岡駅発着でなら、夜行バスが多数あるものの、滝沢村からとなれば、一旦盛岡駅に出る必要もあるため、需要があるんでしょうね。

投稿者 umineko : 00:55 | コメント (6) | トラックバック

2011年7月29日

青森、八戸=東京間夜行バス「えんぶり号」が十和田市内で乗り降り可能になるそうです

青森、野辺地、八戸=東京間の夜行バス「えんぶり号」が十和田市内で乗り降り可能となるそうです。

楽天トラベルで見たところ、2011年8月1日乗車分より十和田市内の十鉄線「北里大学前駅」付近にて乗下車を選択可能となっていました。

【楽天トラベル】高速バス予約 - 八戸→東京 『1号車』3列独立席/ゆったりシート/トイレ付/信頼の大手路線バス会社自社運行

【楽天トラベル】高速バス予約 - 東京→八戸 『1号車』3列独立席/ゆったりシート/トイレ付/信頼の大手路線バス会社自社運行

高速バス予約 弘南バス(株)観光部【楽天トラベル】

北里大学前駅付近を発着する夜行バスとしては、既にオリオンツアーが運行していますが、これで弘南バス「えんぶり号」、シリウス号と三種類の夜行バスを十和田市内より利用可能となる事になります。

【東北地方の高速バス】仙台・福島・青森・秋田・山形・盛岡発着の高速バス|高速バス・夜行バス・深夜バスの格安予約・空席確認はオリオンバス

一つ気が付いたのが、他の乗り場発着時刻は変更無いため、当初から十和田市経由を計画していたのかなと予想しています。
(八戸駅〜道の駅しちのへ間を1時間30分というのは、だいぶ余裕を持った設定ですので)

投稿者 umineko : 21:38 | コメント (4) | トラックバック

青い森鉄道が浅虫花火大会、青森ねぶた祭りで臨時列車を運行します

青い森鉄道が浅虫花火大会、青森ねぶた祭り(2011年8月1日〜8月7日)で臨時列車を運行します。

青い森鉄道株式会社|ニュース&トピックス

例年、東北本線の青森〜八戸間では浅虫花火大会、青森ねぶた祭り開催期間に臨時列車が運行されていましたが、青い森鉄道としても運行するようです。

ただ、去年まで青森→八戸間で臨時快速列車と臨時特急列車の運行がありましたが、残念ながら今回八戸行は運行されないようです。
これは、八戸まで帰るのならば、東北新幹線「新青森〜八戸間」を利用すれば早いためかなと予想していました。

それでも、浅虫温泉駅や青森駅からの臨時列車が、野辺地始発23:07発の八戸行に接続するようになっているため、野辺地駅にて乗り継ぐ前提で、祭り期間中は青森から八戸までの普通列車が1本増発される効果がある事になります。

あと、8月1日の臨時列車については、4両編成が多く走りますが、JR東日本から借入れるのですかね?
その反面、8月2日から8月7日の臨時列車では、2両編成ばかりなのは自社車両をワンマン運転するためかなと予想していました。

投稿者 umineko : 00:10 | コメント (3) | トラックバック

2011年7月25日

八戸〜東京間でもお得な「お先にトクだ値」が8月乗車分で発売されています

八戸〜東京間の東北新幹線で、今までの「えきねっとトクだ値」よりもさらにお得な「お先にトクだ値」が8月乗車分で発売されています。

JR指定席予約「えきねっと」(topページ)
えきねっと(JR東日本)|えきねっと限定の割引きっぷ「トクだ値」>価格・設定日

この「お先にトクだ値」は、条件がいくつかあります。
・6日前までの発売である事
・適用対象日が2011年8月のうち、指定日のみとなる事
・設定区間が少ないため、例えば、八戸〜東京間の乗車でも「新青森〜東京間」として予約する必要有り
 (それでも「トクだ値」より安いようです)

特に利用可能期間が、上りと下りで異なり複雑ですが、「えきねっと」サイトでは下記のように書かれていました。
ーーーーーー
【利用期間】
下り : 2011年8月1日(月)〜10(水)・14(日)〜31日(水)
上り : 2011年8月1日(月)〜14(日)・18(木)〜31日(水)
【発売期間】
ご利用日の1ヶ月前(同日)の午前10:00から、6日前の午前1:40まで

対 象 期 間 :2 0 1 1 年 8 月 1 日 〜 3 1 日
          た だ し 8 月 1 1 日 〜 1 8 日 は お 盆 期 間 設 定 で す
          ( 下 り 列 車 は 8 月 1 1 日 〜 1 3 日 、 上 り 列 車 は 8 月 1 5 日 〜 1 7 日 の 設 定 は あ り ま せ ん )
ーーーーーー

乗車日や乗車列車によって割引率が異なりますが、一番気になったのは、「お先にトクだ値40」でなんと「40%割引」となるのです!
「新青森〜東京間」(乗下車は八戸でも可)のはやて号普通車利用で片道9,940円です。

この「お先にトクだ値40」が適用となる列車は、下記の乗車日のはやて号です。
上り列車だと便利な時間帯ですが、東京発の下り列車は夕方より早めな時間帯で微妙かもしれません。
ーーーーーー
◯上り列車
2011/8/1〜10か、8/19〜31の土日祝日
はやて154号新青森6:45発
はやて156号新青森7:32発

◯下り列車
2011/8/1〜10の土日祝日
はやて161号東京9:36
はやて173号東京15:28

2011/8/19〜31の土日祝日
はやて155号東京6:56
はやて169号東京13:28
ーーーーーー

なお、えきねっとの予約画面で見ると、「トクだ値」と「お先にトクだ値」の空席とそれぞれの割引率が並んで表示されて、わかりやすいです。

ただし、既に発売開始されている事もあり、8月前半はだいぶ「お先にトクだ値」枠は満席になっているようです。
でも、8月26日乗車分以降はこれから発売されるため、そこを狙えば予約出来る可能性も高いと思われます。

投稿者 umineko : 14:00 | コメント (2) | トラックバック

新しいノートパソコン用冷却台(MacBookProで使用)を買いました

新しいノートパソコン用冷却台(MacBookPro13インチで使用)を買いました。

以前、冷却台を買ったという記事を書きましたが、実は電源コネクタ周りの接触不良が生じて、買い替えを検討したのです。

八戸の歩き方ブログ: 今年初めてノートパソコン用冷却台を取り出してきて使っています

冷却台のUSBケーブルの接続部を奥に押せば動くものの、少しずれると止まってしまうという、使えない訳では無いけれど、快適には使用できないという状態でした。

同様の冷却台は色々と出ていますが、最初に買った「ELECOM製」は1年もたずに不具合が起きた事もあって、なんとなく避ける事とします。

「SANWA SUPPLY製」の 「TK-CLN7USV」を候補としました。
見た感じで丈夫そうな事と、全体から風が出る穴がある事で冷却能力が高いかなと予想したためです。
amazonのレビューを読んでも、悪くは無さそうでしたので。

しかし、よく調べてみると「ZALMAN製」の「ZM-NC1000-SL」という製品のOEMという事がわかりました。
商品写真を見ても同じですので。

買うものは決まったので、どこで買うかですが、ポイントの関係などで「TSUKUMO」で購入しました。

ZM-NC1000SL - ノートPC用 - BTOパソコン・ゲームPC・自作パソコンなら【TSUKUMO】


実際に使ってみた感想はといえば、「SX-CL06SV」より良い点としては、風量がダイヤル調節出来る点で、最小ならだいぶ静かで、最強にすれば音も結構大きいですが、風量も満足行くというように、場合によって切換え出来る事は大きいメリットです。

また、細かい点としては、冷却台本体とMacとの接続がUSBケーブルな事で、もしケーブルがダメになっても交換し易い点です。
「SX-CL06SV」だと冷却台本体側は丸型プラグ、Mac側はUSB端子という形態で、ちょっと特殊なケーブルでした。

逆に、良くない点としては、本体サイズが「SX-CL06SV」よりも数センチ程度の奥行きがあるので、狭い場所だと若干置きにくい感じです。
(普通のテーブルでは問題無いとは思いますけど)

MacBookPro等のノートPCを使っていて、内蔵ファンの音が気になる、本体が熱くなりすぎて心配である、などの場合には、こういった冷却台を使うことをオススメします。

投稿者 umineko : 01:26 | コメント (1) | トラックバック

2011年7月24日

ウィラートラベルでバスがお得な「 100万人突破キャンペーン」というキャンペーン実施中です

ウィラートラベルでバスがお得な「 100万人突破キャンペーン」というキャンペーン実施中です。

【ピンクのバス】WILLER TRAVEL

様々な割引等が出ていますが、八戸、青森からでも利用可能なものとしては、

・毎週木曜日に応募可能で、抽選でWEBクーポンが当たる
・「青森、八戸〜東京間」のリラックス車、スタンダード車が片道「4,500円」になるプラン

などがあります。

なお、「4,500円」になるプランは、「青森、八戸〜東京間」だと8月下旬以降でないと空席が無いようです。

とりあえず、毎週木曜日はクーポンへ応募してみています(笑)
(高額のはまだ当たってませんけど…)

投稿者 umineko : 21:16 | コメント (1) | トラックバック

2011年7月21日

青い森鉄道の三沢、野辺地駅、浅虫温泉駅にて弘南バス「えんぶり号」を取り扱うそうです

新たに、青い森鉄道のたびショップ三沢(三沢駅前)、野辺地駅、浅虫温泉駅にて弘南バスの夜行バス「えんぶり号」(青森、浅虫、野辺地、七戸、八戸〜東京間)を取り扱うそうです。

青い森鉄道株式会社|ニュース&トピックス(弘南バス主催、ツアーバス『えんぶり号』発売のお知らせ)

まさか、夜行バス「えんぶり号」を青い森鉄道の駅で取り扱うとは驚きました!
鉄道会社系列のバス会社であれば、親会社の駅窓口でバス乗車券も発券するなどはあったかと思いますが、系列会社では無い、第三セクター鉄道会社でとは意外な展開だと思います。

なお、夜行バス「えんぶり号」については、下記から詳細を見ることが出来ます。

高速バス予約 弘南バス(株)観光部【楽天トラベル】

従来、弘南バスとしては、浅虫や野辺地、七戸周辺で自社の窓口は無いため、「えんぶり号」の集客は大変かと思われます。
しかし、今回の協力によって、今までは申し込める窓口が無かったものが充実する事となりそうです。

そういえば、これにより、「えんぶり号」の乗車待ちで駅待合室にいる事もし易くなるのかなと考えています。
(本来は、鉄道利用者のための待合室ですから)

投稿者 umineko : 23:59 | コメント (4) | トラックバック

2011年7月20日

(7/20)JR八戸線「八戸〜鮫〜階上間」で運休列車があり、利用の際には注意が必要です

2011/7/20現在でJR八戸線は「階上〜久慈間」が不通となり代行バスが運行されています。

それ以外の区間では、あまり知られていないようですが、臨時ダイヤとなり「八戸〜鮫〜階上間」でも運休となっている列車があります。
そのため、JR八戸線を利用する際には注意が必要です。

お知らせ | JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社
 (「【運行情報】 4/29以降 八戸線(八戸駅〜階上駅間・主な駅のみ掲載)」内に情報あり)

特に、JR八戸線と東北新幹線を乗り継ぐ際には、利用予定の八戸線の列車が運休していないか注意が必要です。

◇八戸〜階上間も含めて全区間運休となる列車
(※当ブログで調べたものであり、実際のご利用時には公式サイト等で確認される事をオススメします)
・八戸発→鮫、階上方面
1.八戸10:16発→鮫10:38着→久慈行
 (※八戸9:59着のはやて153号から乗換える際には1本後の「八戸11:03発」列車か、中心街まではバス利用がオススメ)

2.八戸15:03発→鮫15:24着→久慈行
 (※八戸14:55着のはやて165号から乗換える際には1本後の「八戸15:32発」列車か、中心街まではバス利用がオススメ)

3.八戸16:11発→鮫16:33着→久慈行
 (※八戸16:05着のはやて167号から乗換える際には1本後の「八戸16:48発」列車か、中心街まではバス利用がオススメ)

4.八戸18:13発→鮫18:35着→久慈行
 (※八戸18:05着のはやて171号から乗換える際には1本後の「八戸19:18発」列車か、中心街まではバス利用がオススメ)


・階上、鮫発→八戸方面
1.久慈発→鮫6:49発→八戸7:19着

2.久慈発→鮫11:29発→八戸11:51着
 (※八戸12:06発のはやて164号へ乗る際には1本前の「鮫10:09発」列車か、中心街からバス利用がオススメ)

3.久慈発→鮫16:18発→八戸16:44着
 (※八戸16:56発のはやて174号へ乗る際には1本前の「鮫16:06発」列車か、中心街からバス利用がオススメ)

4.久慈発→鮫18:20発→八戸18:45着
 (※八戸18:57発のはやて180号へ乗る際には1本前の「鮫17:15発」列車か、中心街からバス利用がオススメ)


もし、利用予定の八戸線列車が運休となる場合には、
本八戸駅からであれば、一旦、八戸市中心街へ移動し(徒歩約15〜20分程度か路線バスで5分)、「中心街ターミナル六日町バス停」から平日なら10分間隔、土日祝日なら10〜20分間隔の運行で八戸駅まで路線バスが運行中です。
八戸駅からであれば、八戸駅東口バス停から、中心街方面行きのバスが平日なら10分間隔、土日祝日なら10〜20分間隔の運行されています。

八戸駅線(八戸駅⇔中心街)共同運行について 〜八戸市地域公共交通活性化・再生総合事業ポータルサイト〜


また、参考までに列車のルート検索を試してみましたが、下記のようになりました。
時刻データの提供元の関係なのか、大手サイトでもJR八戸線の臨時ダイヤが反映されていないようです。

◯臨時ダイヤが反映される乗換検索サービス
乗換案内|ジョルダン

乗換案内 - - NAVITIME

乗り換え案内 時刻表 - goo 路線


△通常ダイヤで経路検索される乗換検索サービス(臨時ダイヤが反映されていない)
駅探 - 乗り換え案内・時刻表・運行情報・路線図を提供

Google 乗換案内

路線情報 - Yahoo!ロコ

投稿者 umineko : 14:06 | コメント (3) | トラックバック

八食センターの100円バスが「八食サマーフリーライブ2011」開催日に臨時増発されます

八食センターの100円バスが、「八食サマーフリーライブ2011」開催日の2011年8月6日(土)と7日(日)に臨時増発されるそうです。

HSFLの2日間は「八食100円バス」増便します | おしらせ | 青森県八戸市のなんでも揃うでっかい市場! - 八食センター

通常は1台運行のところを臨時に2台運行する事は、夏などの繁忙期には見かけますが、臨時便として普段は運行しない時間帯で走るのは珍しいです。
また、事前に発表されているのもまた珍しい気がしています。

それだけ、来場者が多いイベントなんでしょうね〜

投稿者 umineko : 00:13 | コメント (3) | トラックバック

2011年7月19日

光洋タクシーが青森〜東京の夜行バスを運行する?

2011年夏に青森〜東京の夜行バスへお盆時期限定で「ブルーライナー(OK商事)」が運行されるようです。

その中で、「青森駅では、バス到着後、光洋タクシー乗務員が受付を行います。」と書かれており、青森市の貸切バス事業者の光洋タクシーが青森〜東京の夜行バスを運行するのか?と思いました。

使用される貸切バス会社は明記されていない事が多いですが、今回も「【利用予定運行会社】未定」とありバス会社は不明です。
しかし、それでも「光洋タクシーが」とわざわざ書かれているのは、特別な意味があるのか謎ですけど、わかりやすくて良いかなと感じます。

【楽天トラベル】高速バス予約 - ★夏限定★ブルーライナー青森便★青森→池袋・新宿・秋葉原・TDL

投稿者 umineko : 23:58 | コメント (3) | トラックバック

2011年7月17日

VPSの導入を検討で、月額980円位のVPSが有力候補です

仕事の関係でVPSの導入を検討で、月額980円位のVPSが候補になってます。

共有のレンタルサーバでは求めるものが足りず(カスタマイズする範囲の都合で)、VPSを選択という事になりました。
今のところ、料金面と評判などから、「さくらインターネットのVPS」か、DTIの「ServersMan@VPS」が有力候補です。

さくらインターネットのVPS

ServersMan@VPS|仮想専用サーバ|月額490円〜、初期&2ヶ月完全無料

以前から別サービスで利用しているさくらが「2週間の無料お試し期間」有りで、DTIの方は今なら「月額料金が最大2カ月無料になるキャンペーン」を実施中です。

まずは、どちらも試しに使ってみて、比較するのが良いかなと思っていました。

投稿者 umineko : 23:48 | コメント (4) | トラックバック

2011年7月15日

7/14バス停検索に九州南部地域と沖縄の各県内のバス停留所データを追加し全国対応となりました

2011/7/14に、バス停検索に九州南部地域と沖縄の各県内のバス停留所データを追加し全国対応となりました。

バス停検索|最寄りバス停留所位置を地図上から探せます

これで、全国47都道府県のバス停留所データを探す事が可能となりました!
思い返すと、先月2011年6月5日に青森県、岩手県、宮城県のみをカバーしたベータ版として公開してから、ついに全国版となりました。
それに伴い、「バス停検索(ベータ版)」から「バス停検索」へとサイト名を変更しました。

なお、全国対応となり、青い森ウェブ工房としてプレスリリースを出しました。
取り上げられるとうれしいですが、どうなる事やら?

新規に追加した市町村一覧とバス停留所数です。

大分県の市区町村一覧


宮崎県の市区町村一覧

鹿児島県の市区町村一覧


沖縄県の市区町村一覧

投稿者 umineko : 01:07 | コメント (2) | トラックバック

JAMJAMライナーの東京〜八戸間夜行バスがお盆時期に加えて、7月の三連休も運行するようです

JAMJAMライナーの東京〜八戸間夜行バスが2011年夏はお盆時期に加えて、7月の三連休も運行するようです

【楽天トラベル】高速バス予約 - 東京⇒八戸 ★★使い捨てスリッパ・ブランケット付★★
東京2011/7/15(金)、8/4(木)〜8/15(火)発

【楽天トラベル】高速バス予約 - 八戸⇒東京 ★★使い捨てスリッパ・ブランケット付★★
八戸2011/7/17(日)、8/5(金)〜8/16(火)発

いつものツルギ交通が運行とすれば、7/16に八戸到着後は、一旦福島県須賀川市にある営業所へ回送し、7/17夜に八戸まで再度回送なのか?
一日以上置いておくのはバス車両的に効率的では無い気がしますから。

例年ですと、お盆時期の1週間程度の運行だったと思いますが、この夏は少し長めで12日間の運行のようです。

投稿者 umineko : 00:39 | コメント (3) | トラックバック

2011年7月13日

青森ねぶた祭り「JRねぶた」の無料ハネト体験参加者を募集中だそうです

2011年夏の青森ねぶた祭り「JRねぶた」の無料ハネト体験参加者を募集中だそうです。

JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社
(プレスリリース内の「「JRねぶた」ハネト体験募集」PDFに詳細情報有り)

以前から、観光客向けで有料のハネト体験というのはありましたが、今回のJR東日本の場合は参加費が無料な上に、ハネト用衣装を無料貸出してくれるとあり、かなり大盤振る舞いな参加体験プランだと思います。

投稿者 umineko : 23:58 | コメント (2) | トラックバック

2011年7月12日

イオン限定のb-mobile SIMの取扱店が増えてイオン下田店も登場してます!

イオン限定のb-mobile SIMの取扱店が増えて、青森県ではイオン下田店とイオンつがる柏店も登場してます!

イオン限定サービス | b-mobileSIM

個人的には、「HYBRID W-ZERO3 WS027SH」にこのSIMを差して使おうかと思っていましたが、契約が近くで出来るようになると、より使いやすくなります!
やはり、2年縛りなどが無く、いつでも解約できる自由さが魅力です。

参考までに、イオン限定のb-mobile SIMは下記の3コースがあります。

1.「b-mobileSIM プラン・A」は通信速度「100kbps」、「月額980円」
2.「b-mobileSIM プラン・B」は通信速度「400kbps」、「月額2,980円」
3.「b-mobileSIM プラン・C」は通信速度「Mbpsクラス」、「月額4,980円」

「b-mobileSIM プラン・A」が手頃で魅力的ですが、通信速度「300kbps」で「1ヶ月あたり約2,400円」の「日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS」も気になるSIMです。


ウィルコムの商品代金込みで「月額980円」のデータ通信プランも気になるものです。


投稿者 umineko : 13:33 | コメント (3) | トラックバック

2011年7月11日

弘南バス「えんぶり号」が東京〜八戸間を5日間限定で三千円の特別料金だそうです

青森、浅虫、野辺地、七戸、八戸〜東京間を結ぶ、弘南バス「えんぶり号」が東京〜八戸間を2011年7月10日から14日発に限り(5日間)、片道三千円の特別料金だそうです!

7/10日曜から7/14木曜出発便までの期間限定とはいえ、横三列席でゆったりなのにこの料金は相当激安でしょう。

【楽天トラベル】高速バス予約 - 八戸→東京 『1号車』3列独立席/ゆったりシート/トイレ付/信頼の大手路線バス会社自社運行

【楽天トラベル】高速バス予約 - 東京→八戸 『1号車』3列独立席/ゆったりシート/トイレ付/信頼の大手路線バス会社自社運行

高速バス予約 弘南バス(株)観光部【楽天トラベル】

弘南バス あすなろ号

なお、現在は「八戸、野辺地発着」と「浅虫、青森発着」でそれぞれ一緒になっており、同じバスでも八戸からは安くとも、青森から乗車だと通常料金というのは興味深い点です。
それだけ、八戸地区からの利用者が少なく、青森地区からの乗車は結構いるという事なのかもしれません。

投稿者 umineko : 12:54 | コメント (2) | トラックバック

ついに東京方面と下北半島・むつ市を直通する夜行ツアーバスが登場します!

ついに東京方面と下北半島・むつ市直通の夜行ツアーバスが登場します!
(2011年現在の記事です)


−−−−−−
※2014/10/28追記
2014年8月下旬から新宿、大宮と八戸、三沢、東北町、野辺地町、横浜町、むつ市を直通する夜行高速バス「しもきた号」が運行開始しました。
初の定期運行する高速バスが登場で、週末の運行です。

八戸・十和田・七戸/三沢・野辺地・むつ 〔シリウス号/しもきた号〕 | 高速バス | 国際興業バス
−−−−−−


それは、楽天トラベルを見ていたら、↓こんなバスを見つけたのです。
・(リンク)【楽天トラベル】高速バス予約 - 1711便 関東→下北 ≪スリッパ付≫ ◆オリオンツアー ◆4列スタンダード

・(リンク)【楽天トラベル】高速バス予約 - 1712便 下北→東京 ≪スリッパ付≫ ◆オリオンツアー ◆4列スタンダード

・(リンク)【楽天トラベル】オリオンツアー青森・弘前・八戸エリア⇒東京エリア

期間限定ながら、東京発で2011/8/6から8/21という16日間の運行です。
東京発の行程を読むと、「TDR22:30発〜東京駅23:30発」→「野辺地駅前翌09:40着〜道の駅よこはま 翌10:30着〜下北駅前営業所翌11:00着〜むつ市大畑庁舎翌11:30着」と書かれています。

例えば、東京駅から大畑まで乗ると約12時間という事になります。
夜行バスでお昼頃に到着というのは、乗るにはちと大変ではありますが、今まで東京から直通するバスというのは、お盆時期などに数日運行される下北交通の帰省バスのみだった事もあり、今回のオリオンツアーの夜行バスは大きなインパクトがあると思います!

詳しく見ていくと、むつ市内の乗り場に「尻屋観光 下北駅前営業所」とありました。
尻屋観光といえば、自社バスツアーを催行したり、三沢空港までの乗合タクシーを運行したりと、積極的な事をしている貸切バス会社です。

・(リンク)尻屋観光
・(リンク)しりかん通信 尻屋観光タクシー

やはり大きく関係があったようで、毎月発行の「しりかん通信最新号(№24号 平成23年 6月30日発行)」を読むと、<しりかんが下北の皆さんのためにオリオンツアーさんに嘆願>とあり、並々ならぬ力のいれようを感じられます。
どうやら、今回の下北行きの臨時便は尻屋観光が運行するようです。

尻屋観光公式サイトには片道6,500円とあり、オリオンツアー公式サイトを見たところ、たしかに東京〜下北間が全日6,500円なのです!
※楽天トラベルだと手数料の関係か、乗車日により料金が異なります。
オリオンツアーサイトでの予約がお得でオススメです。

・(リンク)【東北地方の高速バス】仙台・福島・青森・秋田・山形・盛岡発着の高速バス|オリオンバス

・(リンク)オリオンツアー(トップページ)

お盆時期をはさんだ夏の繁忙期でこの均一料金は珍しいです。
例えば、同じ期間で距離がだいぶ短い「八戸〜東京間」のスタンダード便では6,500円より高い日がありますから。

野辺地、七戸からは弘南バスの「えんぶり号」も運行中です。
急に野辺地経由の夜行バスが増えてました。

・(リンク)高速バス予約 弘南バス(株)観光部【楽天トラベル】

今年の春からは、オリオンツアーとリアス観光の協力で「陸中山田、宮古〜東京間」の夜行ツアーバスが繁忙期に運行されていますし、地方の貸切バス会社とのタイアップによるツアーバスというのが増えていますね。

・(リンク)リアス観光株式会社

(7/11 えんぶり号に関する記述を追加しました)

投稿者 umineko : 00:26 | コメント (2) | トラックバック

2011年7月10日

是川縄文館が本日7/10にオープンしたそうです

気が付くと、もう是川縄文館が本日2011年7月10日にオープンしていました。

八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館 -プレサイト-
 (まだ交通アクセス情報は出ていないようです)

この開館に合わせて、南部バスが新路線を運行開始しています。
中心街からだけでは無くて、八戸駅からも直通バスを運行するとはかなり気合が入ってますね!

路線バス Topics | 南部バス株式会社

いろいろな復活の上にできた是川縄文館行き - 八戸鉄道・バス研究会別館ブログ
是川縄文館行きバス - 八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

参考までに、もし八戸市中心街より是川縄文館まで公共交通で行きたい場合、

1.本八戸駅バス停、中心街中央通りバス停から、「是川縄文館行き」、支所前経由の「是川団地行き」(斎場前経由は不可)、「荒谷行き」に乗り「是川縄文館バス停」下車すぐ
(是川縄文館前経由は一日4往復運行で、他に縄文学習館前を経由する便も有り)

2.中心街中央通りバス停から、循環バス「るるっぷ号」へ乗り、「縄文学習館前バス停」下車後、徒歩約5分(地図上から推定)

という方法があります。

なお、JR八戸駅からは、土日祝日の限定で「是川縄文館行き」が一日4往復運行され、その他の時間は、八戸駅から中心街まで行き、上記路線バスへ乗り継ぐ事が便利です。

投稿者 umineko : 19:20 | コメント (4) | トラックバック

(7/9)バス停検索に四国地方、九州北部地域の各県内のバス停留所データを追加しました

2011/7/9バス停検索に四国地方、九州北部地域(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県)の各県内のバス停留所データを追加しました。

バス停検索|最寄りバス停留所位置を地図上から探せます

これで、合計43都道府県のバス停留所データを探す事が可能となりました。
全国をカバーできるまでもう少しになってきています!

新規に追加した市町村一覧とバス停留所数です。

徳島県の市区町村一覧

香川県の市区町村一覧

愛媛県の市区町村一覧

高知県の市区町村一覧


福岡県の市区町村一覧


佐賀県の市区町村一覧

長崎県の市区町村一覧

熊本県の市区町村一覧

投稿者 umineko : 03:27 | コメント (2) | トラックバック

2011年7月 7日

公共交通をテーマとした第六回日本モビリティ・マネジメント会議が八戸市で初開催されます

7月に公共交通をテーマとした「第六回日本モビリティ・マネジメント会議」(通称:JCOMM)という公共交通関連のイベントが八戸市で初開催されます。

・開催日
 2011年7月15日(金)〜16日(土)
・会場
 八戸グランドホテル(青森県八戸市中心街)

日本モビリティ・マネジメント会議(JCOMM)

第六回日本モビリティ・マネジメント会議が八戸市で開催 - 八戸市

このイベントは、全国から公共交通の利用促進などを考える団体、個人の集まりです。

毎年、全国どこかの都市で開催されますが、八戸市で大規模な公共交通関連のイベントが開催されたのは大変珍しい事と思います。
実は本来の開催地は宮城県仙台市でしたが、先の地震の影響もあり、残念ながら開催を断念する事となり、結果的に同じ東北の八戸市での開催となった次第です。

「JCOMM」自体は参加費が有料のイベントですが、無料のプレイベントが「はっち」を会場として下記の通り行われます。
興味がある方は参加してみてはどうですか?

・開催日
 2011年7月15日(金)10:00〜12:00
・内容
 「講話」、「活動報告」、「ミニ・ディスカッション」などが予定されています。


こういったイベントが開催された背景として、実は、八戸市というのは、路線バスに関しては、結構先進的な試みをしている街でもあるのです。

八戸市営バスと南部バスの八戸駅線共同運行化や最終新幹線へ接続するための乗合タクシー「シンタクン」の運行など、意外と全国的に例の少ない事業を行っているのです。
つい数日前の7月5日に発表された、国道交通省による「平成23年地域公共交通活性化・再生優良団体」にも選ばれている実力派なんです!

地域公共交通の再生に向けて〜八戸市地域公共交通活性化・再生総合事業ポータルサイト〜

深夜乗合タクシー「シンタクン」 - 八戸市

八戸市地域公共交通会議が名誉の受賞 - 八戸鉄道・バス研究会別館ブログ

こういうイベント開催を機に、普段は路線バスや鉄道の乗らない方に関心を持ってもらえればうれしいところです♪

投稿者 umineko : 23:59 | コメント (4) | トラックバック

2011年7月 4日

「106急行・盛岡⇔宮古間」でチャイルドシート無料貸出とベビーカーでの乗降時の支援を行うそうです

続けてまた岩手県北バスがテーマで書きます。
岩手県内を結ぶ都市間バスの「106急行・盛岡⇔宮古間」で、チャイルドシート無料貸出(要事前予約)とベビーカーでのバス乗降時のサポートを行うそうです。

岩手県北バス
 (ページ真ん中の少し下、「子育て応援します106急行 盛岡⇔宮古線チャイルドシードの貸し出し&ベビーカーでのバス乗車」内へ詳細PDFファイル有り)

チャイルドシート貸出というのは、レンタカーでは有料オプションでありますけど、路線バスで行うのは相当めずらしい試みだと思います。
しかし、高速バス等の車内でもシートベルト着用が義務付けられている現在、赤ちゃんの安全を考えれば、チャイルドシートは必要な訳で、普及しそうな試みだと感じています。

また、ベビーカーでのバス乗車自体は、従来から大体の路線バスで乗客自らが行う事で可能かとは思いますが、はっきりと乗降時の支援を行うと言うのは珍しい気がします。

岩手県北バスでは、バスでの移動がしづらくマイカー利用になりがちな子供連れの方向けのこうした試みを広げていくのですかね。
他社にも広がって行けば良いなと思います!


そういえば、別の企画として、「バスに乗ってポイントをGET!キャンペーン第3期:平成23年7/1〜9/30」なんていうものも実施しているようです。
これは、使用済みのバスカードを集めると、「県北バスオリジナルエコグッズ」がもれなく当たり、旅行券も抽選でもらえるそうです。
オリジナルエコグッズがどんなものか気になりますね(笑)

投稿者 umineko : 00:22 | コメント (3) | トラックバック

2011年7月 3日

宮古・盛岡⇔東京間の高速バスBEAM1号へ通路側カーテン追加と往復料金登場します

2011年7月16日より、宮古・盛岡⇔東京間の高速バスBEAM1号へ通路側の個別カーテン追加と往復料金登場するそうです。

岩手県北バス(上部の「7/16よりBEAM1が生まれ変わります」内へ詳細PDFファイル有り)

個別カーテンは最近増えていますね。
例えば、青森発の「ラ・フォーレ号」や「津軽号」でも今年春頃から新車投入と共に個別カーテンが導入されました。

あと、往復割引は今まで無かったのが不思議な位ですが、無いよりはある方が便利なので、良い試みだと感じています。
割引といえば、お盆や年末年始、ゴールデンウィークなどに増発される貸切バスを使用した臨時便の料金が、盛岡発着が6,800円(通常の三列車が7,600円)、宮古発着が7,200円(通常三列車が9,170円)と値下げされ、盛岡南発着の学割ならなんと片道「4,800円」(宮古発着が5,800円)なのです!

オリオンツアーが今年のゴールデンウィークに運行して、この夏のお盆時期にも運行するため、これは、ツアーバスの料金設定にも影響しそうな気もしています。

【東北地方の高速バス】仙台・福島・青森・秋田・山形・盛岡発着の高速バス|オリオンバス

そういえば、ビーム1号を共同運行している羽田京急バスも同じ仕様のバスを導入するのか?

投稿者 umineko : 23:59 | コメント (4) | トラックバック

2011年7月 1日

八甲田山巡回バスが2011年7月から運行開始しています

八甲田山巡回バスが2011年7月から10月中旬までの日程で運行開始しています。

「八甲田山巡回バス」運行開始  - 青森のニュース - 都道府県別 - 47NEWS(よんななニュース)

八甲田巡回バス(時刻情報やPDFチラシデータ有り)

「八甲田山巡回バス」始まる! | 新着情報一覧 | 青森デスティネーションキャンペーン(PDFチラシデータ有り)

このバスは、一日3便の運行で、八甲田地区の「萱野茶屋」、「八甲田ロープウェー」、「城ヶ倉温泉」、「酸ヶ湯温泉」、「睡蓮沼」、「猿倉温泉」、「谷地温泉」、「田代平高原」、「八甲田温泉」、「みちのく深沢温泉」、「銅像茶屋」を巡回するバスのようです。
1便目が青森駅始発新青森駅経由で、八甲田地区を三周した後、3便目が新青森駅経由青森駅行きとなります。

意外と八甲田山地区をぐるりと回ることが出来る公共交通機関はありませんでしたが、今回の試みで周遊しやすくなると思います。
特に、「田代平高原」、「八甲田温泉」、「みちのく深沢温泉」、「銅像茶屋」については、路線バスが運行されいないため、今回の八甲田山巡回バスの利用価値が高い地域になりそうです。

ちなみに、このバスはJRバス東北が運行だそうです。

投稿者 umineko : 23:59 | コメント (4) | トラックバック